もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング自信を持っておすすめしたい みんなの声

ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング 作:リンダ・リウカス
訳:鳥井雪
出版社:翔泳社
本体価格:\1,800+税
発行日:2016年05月19日
ISBN:9784798143491
評価スコア 4.47
評価ランキング 8,570
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 論理的思考に初めて触れられる一冊

    • とーママさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 女の子5歳、男の子2歳

    娘の5歳の誕生日にプレゼントしました。
    主人、私共にシステムエンジニアをしていた経歴があり「プログラミングをさせたい」というよりは「論理的思考に触れてほしい」という気持ちで選びました。
    論理的思考、というと堅苦しいですが
    つまりは複雑な物事でも頭の中で整理し順序立てて考えること、筋道を立てて周りの人にもわかりやすく説明すること。
    コンピュータに命令するのも、命令の仕方、順序立てること、さらにはスッキリわかりやすくあることが重要なのです。
    論理的思考は、問題解決だけでなくコミュニケーションに大切な要素だと思います。

    娘は何でもやってみよう!と突き進むタイプではなく、どちらかというと高そうな壁が見えると物怖じして挑戦すら諦めてしまう性格。
    けどそんな娘もワクワクソワソワしながら絵本に食いついているのが不思議です。
    「子供なのに一人だけで冒険にいくの?大丈夫なの?」と娘。
    けど絵本の中のルビィは、絶対大丈夫!と自信満々。
    「手に負えない問題は、たいてい小さな問題が集まってできている」ことを知っているからだ、とか
    「計画を立てると強くなった気持ちになる」とルビィは言います。

    大丈夫だよ!どんな大きな問題も怖くない。
    親の代わりに、押し付けがましくなく、ルビィが娘を励ましてくれているような…そんな気持ちで読みきかせています。
    後半の実践部分は、娘がもう少し大きくなり興味を持ってくれたら一緒にやりたいなぁと思っています。

    ワクワクしたり、長すぎて途中で寝てしまったり(笑)
    そんな毎日ですが、私も娘も大好きな一冊です!

    投稿日:2018/06/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • はじめによんだのは大人の私です。プログラミングを意識して生まれた主人公のルビィの性格は息子によく似ています(発達的に多動なところがあり、そのせいもありますが)。

    こまかく説明しないと指示通りにできないところなど特に共感。吸い込まれるように絵本の世界へ入っていけました。

    そのせいか、絵本を読んだ後、この絵本を読むのは息子より私のほうがふさわしいとおもえたほどです。そう考えると、もともとプログラミング的思考の息子には、これからはじまるプログラミングという授業に対して、ごく普通な日常の延長のようなもので、親しみをもって学べるのではなかろうかとおもいます。

    反対にそれに慣れていないのは大人の私です。絵本より子どもたちが学ぼうとする新しい授業を体験してみたい、するならこの絵本「ルビィのぼうけん 〜」だとおもいました。

    投稿日:2018/05/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 好きな言葉は「どうして?」

    日進月歩のコンピューターの世界。
    なんと、子ども向け物語風にプログラミングの基礎を指南してくれる作品です。
    少女ルビィの冒険を通して、プログラミングの概要を理解できるという、
    優れものです。
    そもそも、ルビィって、プログラム言語Rubyからきているのです!
    まずは、ルビィが、パパから与えられた謎解きゲームをするのです。
    宝石を探せ、というのが、まさしくコンピューターの魅力探しのようで愉快です。
    そう、これからの時代、このプログラム的思考と上手に付き合うことが必要ですからね。
    コンピューターなんて門外漢という大人も子どもも、
    まずはその世界を体感してほしいです。

    投稿日:2019/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本から入るのもいいかも!

    これからの子供達が「プログラミング」の授業もはじまるという現代。
    正直,親の私は「プログラミング」なんてどう教えていっていいのやらわからず困惑もあります。
    こういうカタチの絵本から入るのもとてもいいな〜と,こちらの絵本を読み思いました。

    投稿日:2018/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • プログラミングってどういうこと?

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    プログラミングの絵本?
    いったいどんな内容なのかと期待しながら本を開きました。プログラミングと言ったら、コンピュータに関連のあるなんだかややこしい話なのかと思いきや、まったくそうではなく、お話自体もとても楽しむことができました。プログラミングっていう言葉を知らなくても、問題を解決するためには、筋道をたてて、スモールステップでひとつずつクリアしていくことの重要さを知ることができます。
    こういう考え方こそがプログラミングってことなんですね。大人の私でも勉強になります。
    演習問題も、子どもとやってみたら楽しそうな問題ばかりです。こういう考え方を学んでおくことって、これから先とってもためになりそうです。
    プログラミングと聞いて、とっつきにくさを感じている人こそ、読んでみる価値ありですね。

    投稿日:2018/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知ったかぶりをしていたことに気がつきました。
    絵本のことならそれなりにわかるとね。
    でもぜんぜん違う。
    ルビィを通して初めての世界(の入口)にたどり着けました。
    新しいことを覚えるのが大の苦手になってしまったおじさんの冒険が始まりそうです。
    道連れは目の前の子どもたち。
    足どりも軽々と飛び跳ねてズンズン先をゆくばかりです。
    息を切らしてやっとこさついて行けるのはどこまででしょうか。
    これはもう、基本の「き」がすっぽり抜け落ちていた、大人のための絵本なのかもしれません。

    投稿日:2018/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • プログラミングに触れる

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子3歳

    この本では、問題をどうやって解決していくかということを、主人公の女の子とともに考えていきます。問題を少しずつ小さな問題に分けて考えたり、自分で筋道を立ててることの大切さを教えてくれます。
    いきなりコンピューターに向かってプログラミングするというのではなく、日常生活に置き換えてゲーム感覚にすると、親しみやすくなりますね。子供がプログラミングの考え方に触れて、仲良くなることが、この本の目的かなと思いました。
    小学一年生には難しすぎるかと思いましたが、娘は「この本おもしろい!」と言ってました。

    投稿日:2018/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 普段の生活でも役に立つ考え方!

    プログラミングに詳しくない私でも、
    子供と一緒に学べる面白い絵本でした。

    前半の絵本部分は普通に読み聞かせ、
    後半の演習問題は、親子で一緒に遊べます。
    演習問題が20問くらいあるので
    子供と好きなものを選んでやれます。

    アルゴリズム、抽象化、真偽、など
    プログラミングの概念が、遊びながら身につくのは
    すごく良いと思います。

    「必要な情報を的確に伝える」ことを学べる内容で、
    これって普段の生活でも役立つ考え方だなぁと思います。

    まだ最後まで問題を解き終えていませんが、
    パソコンでプログラミングをやってみたいと
    息子が言いだしました。
    プログラミング入門のきっかけ作りに最適な一冊です。

    投稿日:2018/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい!わかりやすい!

    パソコンが苦手な私にはプログラミングという言葉を聞いただけで、難しいしわからないと思ってしまい専門書は読む気にもなりません。でも、子供向けの絵本でプログラミングの考え方を知ることができればと思い読んでみました。
    物語として読み進めていくことができるのでとても楽しめますし、自分でも試してみたいという意欲がわいてきます。
    プログラミング教育の必修化の前に子供と一緒に読んでいきたいとおもえる絵本です。

    投稿日:2018/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界的に大ヒット!というこの話題の本

    この絵本を前に本屋さんのプログラミングのコーナーで並んでいるのをみつけました。フィンランド発の子どものためのプログラミング絵本ということで、世界的にも大ヒットしているとのことが書かれてあり関心を持ちました。

    最近、小学生でもプログラミング教室などが人気がありよく目をします。
    コンピューターを子どもの頃から操ることも大切なことかもしれません。
    この絵本は、プログラマーになりたい子が読む本でもなく、あくまでもルビィを中心にした冒険ストーリーになっていて、例えば、毎日の生活の中で起こり得る数々の問題をどうやって解決していくかということを、少しずつ小さな問題に分けて考えたり、自分で筋道を立てて考えることの大切さを教えてくれます。

    宝石をみつけるという大きな問題にぶつかった時に、それを一つ一つ対処可能なことを整理しながら解決していく手立てを考えるというのは、プログラミングの基本の基本なのだなということを感じます。

    プログラミングときくと、なんだか難しそうでとっつきにくさもありますが、実はそんなに難しく考えることはないんだよという著者のメッセージが込められており、世界的に大人気になったのかなと思います。

    親子で共に、プログラミングを知る!まずそのためにこの一冊に出会うというのも素敵なプログラミングとの出会いになるかもしれません。

    投稿日:2018/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット