宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ガムのようせいふつうだと思う みんなの声

ガムのようせい 作:笑い飯
絵:川崎 タカオ
編:倉本 美津留
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2016年07月23日
ISBN:9784265079810
評価スコア 3.43
評価ランキング 44,774
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 好き嫌いがあると思います

    まず文字がすごく少なくて、絵で見せている内容なのかな・・・とも思うのですが、どこで笑ったらいいのか分かりません。
    文章・・・というか、短いセリフの応酬も、なるべく漫才風に読んでみたのですが、面白く出来ませんでした(笑)

    やはりお笑いの要素が強いものは、実際に見た方が楽しめるのだろうなと感じました。

    投稿日:2019/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ノリツッコミの世界

    娘とワクワクしながら読みました。
    それほど期待が大きかったのです・・が
    読んでみて・・・ふたりで
    「なんだこれ???」
    面白いネタなんだろうけれど
    ノリツッコミのテンポが合わないと
    全然掛け合いが面白く聞こえてこないので
    これは読むのも・・そして聞くのも、難しいみたいです。

    やっぱり漫才は漫才で見た方がいいと思います。
    絵本だと、音声・画像より、ずっと限られた情報量だし
    読み聞かせた場合などでは
    読み手によってのニュアンスの違いで
    意図しない仕上がりになってしまうと思います。

    文以外の、効果音的活字もいっぱいあって
    どれをどのタイミングで、どんなスピードと間で読めばいいのか・・。
    答えは一つではないのだろうけれど・・
    関西人の親子でさえもとまどう仕上がりの本です・・ごめんなさい。

    投稿日:2017/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白さが、わからなかった・・・・・

    笑いのセンスのない私なので、きっと面白い絵本だと思うのですが、残念ですが、私は笑えなかったです。大声で笑える絵本には、やっぱり私も笑えたらいいなあと思います。ガムのようせいの絵に笑えたらいいのですが、私好みではなかったようです。

    投稿日:2017/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家は。。。

    6歳幼稚園年長さんの娘が「おもしろそう」と手に取った来ましたが,娘は最後まで読み終わる前に飽き出し,親の私にとってはあまり好みのタイプの絵本ではなかったので,我が家では☆2ですが,こういう面白さもあるのかもという思いも込めて☆3にしました。
    関西弁の絵本でツッコミなど随所随所にあり,好きな方は好きかも知れませんね。

    投稿日:2016/07/30

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • みらいずかん
    みらいずかんの試し読みができます!
    みらいずかん
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    見たこともないおもちゃや乗り物がならび、わくわくドキドキ驚きの連続!


優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット