しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

さよなら ママがおばけになっちゃった!」 その他の方の声

さよなら ママがおばけになっちゃった! 作:のぶみ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2016年07月14日
ISBN:9784061332942
評価スコア 2.18
評価ランキング 87,331
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 5才の子と読みましたが

    親戚の子が読んでほしいと言うので、
    「ママがおばけになっちゃう話だよ。悲しくなっちゃうと思うよ」
    と伝えた上で読みましたが、
    途中から表情が硬くなり、読んでいる私も辛くなり、止めました。

    やはり、「親の死」をテーマにした絵本を出版するのはどうなのかと 疑問に感じてしまいます。
    作者ののぶみさんの伝えたいことは、ご本人のインタビューなどを読んで理解しましたが
    こどもに絵本で伝えるのは酷というか、
    大事なママを失うという、こわい気持ちだけが残ってしまって、
    肝心な部分は伝わらないのではと思ってしまいました。

    投稿日:2016/09/07

    参考になりました
    感謝
    18
  • だれのための絵本?

    正直な感想として、誰のための絵本かな?と思いました。
    母をなくした幼い子のため?
    これを読んで励まされるのでしょうか?

    母親の死というテーマを絵本にしてはいけないとは思いませんが、そんな深いテーマを扱うのには、それなりの丁寧な描写や、表現であってほしいと思います。

    投稿日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    9

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / いちご / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / うんちしたのはだれよ!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(16人)

絵本の評価(2.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット