まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぶきみなよるのけものたち」 ママの声

ぶきみなよるのけものたち 作:ジアナ・マリノ
訳:なかがわ ちひろ
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2016年07月20日
ISBN:9784776407577
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,144
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読みだしたらフクロネズミから目を離せない

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子18歳

    可愛くて、面白くて、サイコー!でした。
    テキスト(文章)は最低限で、絵でほとんど語ってくれています。
    まさに「絵本」ならではの面白さがあります。こういう絵本は大好きです。

    読みだしたらもう、主人公の怖がりなフクロネズミから目を離せません。
    途中まで、励ましたり助けようとしてくれていたスカンクも最後は……、あれ〜って、感じで笑ってしまいました。
    4,5歳くらいから、年齢の制限なく楽しめるんじゃないでしょうか。
    特に怖がりなお子さんをお持ちの方にお勧めします。

    投稿日:2018/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜行性の動物たち

    『NIGHT ANIMALS』が原題。
    邦題の意訳に納得です。
    夜行性の動物たちが、何かに怖がっていますよ。
    真っ暗な夜だから増幅する恐怖。
    怖がる様子も笑えますが、スカンクのおならに失神するフクロネズミも相当です。
    巻末の解説によると、死んだふりをする習性もあるようですね。
    オチはあっさりしていますが、夜行性の動物たちを学べそうです。
    夜ってミステリアスですね。
    動物の知識もプラスして味わいたいので、小学生くらいからでしょうか。

    投稿日:2016/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜は怖いです

    このお話は、夜の闇を怖がっている動物たちのお話でした。大きな動物も小さな動物も夜の闇から逃げている様子がとってもかわいらしかったです。自分の影や他の動物の影におびえている様子がなんか共感できる感じでした。

    投稿日:2016/10/20

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『おむつのなか、みせてみせて!』10万部突破記念! ヒド・ファン・ヘネヒテンさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット