きょうはそらにまるいつき」 ママの声

きょうはそらにまるいつき 作:荒井 良二
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2016年09月01日
ISBN:9784032324501
評価スコア 4.58
評価ランキング 5,189
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • みんな空の下

    みんな同じ空の下で繋がっている。
    よく言われる言葉でありながら、いまいちぴんと来なかった私ですが、
    この絵本を読んで、こういうことかぁと思いました。
    自分がみている月を、どこかで誰かも見ている。
    その誰かはとてつもなく遠いところにいるのかもしれないし、びっくりするくらい近くにいるのかもしれない。
    そんなことを、バレリーナの少女が何度も色んな景色に登場するのを見て、ふと思いました。
    ずっと眺めていたいような、穏やかな絵本です。
    この絵本は近々購入したいと思いました。

    投稿日:2021/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいですね!!

    お月様ってよく見ると本当に綺麗ですよね。
    今日はどんな月かなぁ満月はいつかなぁなんて、夜空を見上げる習慣ができたら、それも人生の楽しみの1つになるような気さえしてきました。
    月はどこにいてもひとつ。
    それが遠くの大切な人たちや遠くの誰かとも繋がっているような気がして、何だか嬉しくて癒されますね。

    投稿日:2020/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまでも心に残る絵本です

    詩的な文章と幻想的なイラストがとても素敵で、読んだあともいつまでも心に残るような、独特の雰囲気を持った絵本です。

    どんな場所でも見上げるひとに平等に降り注ぐ月の光。そこにあるのは同じひとつのおつきさま。

    登場する人々や生き物が、それぞれに別々ながらも、ひとつの月の下で生活を営んでいる様子がリアルに感じ取れます。月を見つめる赤ちゃんの無垢な瞳が深く深く胸に刻まれます。

    美しくて優しくて、上質な絵画を鑑賞しているような気持ちになる荒井さんのイラストが本当に大好きです。

    「ごほうびのようなおつきさま。」
    夜空を見上げるたびにこの言葉を思い浮かべます。

    投稿日:2020/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • あのまんまるお月さま

    • イヨイヨさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    雑誌などでも取り上げられている絵本だったので読んでみました。見返しのところがシルバー一色でオシャレです。
    ”みんなのよるに それぞれのよるに ごほうびのような おつきさま”
    ここがとても気に入っています。
    絵がすてきなので、じっくり味わえる絵本です。

    投稿日:2019/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっ散らかった内容のお話しか

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    描かない先生だと思っていましたが、この本は割と叙情的で落ち着いて読めました。絵も、いつものようなぶっ飛んだ感じはなく、それぞれの人間のそれぞれの生活や営みを色彩豊かに描いていました。数ある荒井先生の作品の中でも、この作品は好きです。

    投稿日:2017/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月さまが主役です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    荒井良二さんの作品はどんどん哲学的になっていきます。
    (好きですけど)

     あかちゃんが そらをみていいます
     きょうは そらに まるいつき

    ではじまって、
    終わるときは、

     あかちゃんが そらをみていいます
     きょうは そらに まるいつき
     みんなが そらをみています
     きょうは そらに まるいつき 
     ごほうびのような おつきさま

    って、韻を踏んだように終わってます。
    1ページ1ページの文は1行くらいで、絵で世界を語っています。
    お月さまが主役です。
    情緒があります。

    お月さまがきれいに見える時期、高学年や中高生のお子さんたちにいかがでしょうか。

    投稿日:2017/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月はひとつだけれども

    そらにうかぶ月。
    月はひとつだけれども、たくさんの人が見上げ、たくさんの人が様々な想いを巡らせているんだな〜と思いました。
    月がそらにあるだけで、時間の流れがゆったりとしたものに感じられました。
    いつもと少しちがう雰囲気ですが、荒井さんの絵は、やっぱり素敵です。
    “ごほうびのようなおつきさま”
    ほんとにそうだなって思いました。

    投稿日:2017/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わず空を見上げる

    とても明るい、夜の絵本です。おやすみなさいの絵本にこちらを読みました。
    読んでほっ と落ち着くような気がしました。赤ちゃんにも、女の子にも、おじいちゃんにも、それぞれに、ささやかなごほうびのようなあたたかさがありました。今日の月は、と空を見上げてしまう絵本でした。

    投稿日:2017/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月明かりの夜

    短い詩のような言葉と、美しい穏やかな絵がよく合っている絵本です。
    絵の隅には、他のページで出てきた人物が小さく描かれていて、同じお月さまの下で、それぞれの人や動物たちが、それぞれの時間を過ごしている様子が伝わってきます。
    「ごほうびのようなおつきさま」って、素敵な言葉ですね。
    最近自分で本を読み始めた娘が、1人でこの絵本を朗読している声を聞きながら過ごすひと時はとても幸せな時間です。

    投稿日:2016/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわかとした表紙の絵に惹かれて読みました。赤ちゃんが夜空を見ている場面から、バレエの帰りのバスの中で空を見上げる女の子、食器を洗っているお年寄り、夜の森を歩く動物たちなど、さまざまな視点から夜空に浮かぶまるい月を描いていました。ほんわかとした落ち着きのある雰囲気で、おやすみ前に読む本としても良さそうだなと思いました。

    投稿日:2016/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ともだちや / すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。


出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット