話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ

くまさん どこ?」 ママの声

くまさん どこ? 作:ジョナサン・ベントレー
訳:林 木林
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2016年08月24日
ISBN:9784062830997
評価スコア 4.3
評価ランキング 17,302
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うしろー、うしろー

    可愛らしいイラストに惹かれて、手に取りました。
    ちいさな男の子が、「くまさんどこ?」と、お家の中や外を探し回ります。
    「うしろー、うしろー」とドリフのように教えたくなるのですが…
    ラストは、ちょっと予想外。
    そっちかー!と、上手く騙されました。

    投稿日:2020/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまさんどこ?って・・・

    くまさんどこ?って

    表紙をみてもわかるように

    すぐ後ろにいます。

    お話を進めていくとくまさんは

    右側にいたり、上にいたりと

    見切れていますが、確実にいます。

    どうして気づかないの〜!!

    そう思いながら読んでいきました。

    どんな結末なのかは

    想像もしませんでした。

    みつかってよかったね・・・。

    投稿日:2019/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 保育所の本読みで

    ひたすら「くまさん」を探しています。でも…チラチラ見えてますけど…。

    小1の娘と保育所の本読みボランティアで読みました。
    こども達は「そこそこ!」「はながみえてるよ!」「したにいるよ!」と教えてくれますが、「えっどこ?おる?」「えっ?これくまさん?」ととぼけながら読んでいると何とか伝えようと必死になってくれていました。
    オチでは「なーんだ(笑)」と拍子抜けした様子で最後まで楽しんでくれました。

    娘には2回読みましたが、2回目は「オチを知ってるんだからフッフフーン」と得意気そうにツッコミを入れながらそらなりに楽しそうに聞いていました。

    何度も繰り返し読む本ではない感じ?ですが、誰かに読んであげたく(ひっかけたく)なる本です。

    投稿日:2018/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • だから、そこ!

    『WHERE IS BEAR?』が原題。
    男の子がクマさんを探している様子を描きます。
    ところが、読者は気づきます。
    だから、そこ!
    それがずっと。
    ところが、後半で一気に解決!
    意外な展開にビックリです。
    うーん、これぞ絵本の醍醐味を逆手に取られました。
    ある意味、クマさんだからこその展開。
    その画力に脱帽。
    幼稚園児くらいから盛り上がりそうです。

    投稿日:2016/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ほらっ!そこそこっ!!」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    読み聞かせの勉強会で読んでもらいました。
    めっちゃよかったです。
    聞いてるのはボランティア仲間の大人ばかりだったのに、
    みんなで、「ほらっ!そこそこっ!!」「後ろ!」とか言っちゃってました。
    小さなお子さん向けに作られたのかもしれませんが、意外とこういう見え見えのかくれんぼ的な作品は、年齢に関係なく、読み手も聞き手ものめり込んで楽しめるもんなんだなぁと、思いました。

    最近見た絵本の中ではピカ一にお薦めです。
    ちょっと主人公の少年の服装が夏っぽいですが、くまさんがモコモコふさふさ暖かそうなので、オールシーズンいつでも読めそうな気がします。

    投稿日:2016/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2度裏切られる

    男の子が家じゅうくまさんを探して・・・最後にあった!
    と思ったら・・・?という絵本です。
    良い意味で2度裏切られる絵本です。

    くまさんが見つからなくて男の子がshoutする場面があるのですが、日本人の作家の絵本だったらたぶん違うだろうな、と国民性の違いを感じたのも面白かったです

    投稿日:2016/10/29

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット