まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ハルとカナ自信を持っておすすめしたい みんなの声

ハルとカナ 作:ひこ・田中
絵:ヨシタケシンスケ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年08月24日
ISBN:9784062200998
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,241
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • “ぼく”も“わたし”もこんなときあったな〜。って

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    最近、ひこ田中さんの「なりたて中学生」シリーズを読んだばかりだったので、気になって手にしました。
    「ハルとカナ」は、しいていうなら「なりたて小学生」ですね。
    その年頃ならではの、ちょっとした出来事を上手に見せてくれている楽しい作品でした。
    全部で12章。1章だいたい20ページくらいで、1ページに収められているテキスト(文章)も少なく(行間も文字も大きい)、さらりと読める量です。

    主人公の「ハルとカナ」は小学2年生。どちらも大変面白い個性を持っている子どもたちです。なので、わりとよくいる「誰かと同じがいい」子どもたちからは、ちょっと「変わってる」と思われがちかもしれません。
    作者は彼らの立ち位置を上手に表現してくれているので、
    読み手にはとても分かりやすく伝わってきます。
    友達の「シュウマ」くんや「ユズ」ちゃん・「キララ」ちゃん」も忘れてはいけない大事な存在です。
    世の中には「ハル」みたいな男の子や、「カナ」みたいな女の子は、少なからず何人かいるはずです。

    最初は家族のおはなしかと思ったのですが、この作品は淡い初恋のおはなしでした。
    お互いはじめて意識した“異性”。それに気づいた時の、子どもらしい戸惑い方が見ていてかわいかったです。

    この作品は「ヨシタケシンスケ」さんが挿絵を担当しています。
    それがものすごくいおはなしのイメージに合っていて、とてもよかったです。

    大人が読んでも楽しい児童書です。
    ぜひぜひいろいろな人に読んでもらいたいので、今度どこかでブックトークに使ってみようかな?と考えています。
    お薦めするとしたら、現役の小学校1,2年生でゃなくて、それよりちょっとお兄さんお姉さんになった3年生以上の子どもたち。
    “ぼく”も“わたし”もこんなときあったな〜。って、思わせてくれる初々しい作品です。

    投稿日:2017/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 観察力がすごい!

    「1章試し読みをする」で、読みました。「ハル、仲よしについて考える」でしたが、とても両親を観察していて、観察力が凄いと感心しました。
    仲良しの時、喧嘩している時の両親の様子が細々と書いてあるのでうかうか喧嘩も出来ないと思いました(笑)「ハルは、8歳。8年間も生きているので、ハルはもう、たいていのことはわかっているつもり。」に、そうなんだねと思いました。凄く面白いので、2章から、12章まで、読みたいと思いました。特に、12章の「ハルとカナ」を読みたいと思いました。

    投稿日:2016/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小2の気持ち

    あまり内容を知らず、知人がおすすめしていたので題名に記憶があっただけで、
    読んでみてびっくり。
    小2のほんのりラブストーリーでした。
    2年2組のハルとカナの両方の視点から物語が進みます。
    幼稚園から小学校へあがった戸惑いや発見、家族の観察など、的確な小2目線は、
    本人自ら執筆しているのでは、というリアリティ。
    そうそう、小2の頃って、こんな感じ。
    自分の記憶がよみがえります。
    さらに驚きは、男女の違いを意識し始めていること。
    男子目線、女子目線、それぞれのお友だちの見解も盛り込まれますから、
    意外に重厚な考察です。
    同性同士の友情とはちょっぴり違う、でも、清々しいラブストーリー。
    見事です。

    投稿日:2016/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな恋のメロディ

    好きになるってことがどんなことか解らないで、とても気になる人がいる。
    いつからそうなったのか、どこが好きなのか解らないけれど、話してみたい人がいる。
    さわやかで、ほほえましい物語です。
    幼いながら、物を見る目が成長していくところが、心をくすぐります。
    ハルもカナも素直で、家族愛もたっぷり。
    とても心地よく読み終えました。

    投稿日:2016/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • すきになる理由

    読んでてちょっときゅうんってなりました。
    娘は、カナやハルの気持ちがすごくよくわかるそうです。
    いいねえ、ほのかな恋の始まりは。
    カナちゃんが、大人な感じでいいなと思いました。
    「勇気がないって言えるのは勇気があるってことだよ」
    なんて言える小学校2年生、そうそういないと思います。
    私がハルくんだったとしても、そんなカナちゃんのことを
    好きになってしまいそう。
    ヨシタケシンスケさんの挿絵なので、(わりとまじめな物語だと
    思うのですが)堅苦しくならずに楽しく読むことができると
    思います。
    ひこ田中さんの書いた他の物語も読んでみたくなりました。

    投稿日:2016/09/21

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット