もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ゆきがふるまえに」 みんなの声

ゆきがふるまえに 作・絵:かじり みな子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2016年11月01日
ISBN:9784033325606
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,876
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっと心配しました。

    ラビッタちゃんはお母さんに

    おつかいを頼まれます。

    一人で大丈夫かしら?

    地図とお守りのふえをもって

    出かけました。

    おかいものの時お金のかわりに

    にんじんで払うっていうのがいいですね。

    なんだか疲れてきたラビッタちゃん。

    無事に家に帰れるのかな?

    だんだん心配になってしまいました。

    かわいい絵が印象に残りました。

    投稿日:2019/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬ごもりの準備

    ていねいに描かれた、どこかのどうぶつの街の街並みや、お洋服など
    とても楽しい気分で読みました。
    冬がもうそこまで、来ようとしているのですね。
    お父さんもお母さんも冬の準備で忙しいようで、ラビッタちゃんの
    はじめてのおつかいです。
    しかも、御用はたくさんあります。
    お代金になるにんじんをたくさん持って、ラビッタちゃんの出発。
    街のお店の様子、毛糸やさんや本屋さんのあたたかい楽し気な様子、ラビッタちゃんの緊張した面持ちが伝わってきます。

    投稿日:2018/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵であこがれる冬の生活

    内容的には、「はじめてのおつかい」と「冬支度」
    わくわく、どきどき
    大丈夫?

    と、以前にも似たような内容の絵本を見たような
    気もしますが
    この作品は、とにかく「絵」が素敵です
    「お洒落」です

    作者さんは、1976年生まれで
    この作品が絵本第1号とのこと

    豪華な民族衣装のような雰囲気のお洋服
    町並みは、本当にこんな町があったら
    素敵でしょうね
    町の人・・・いえ、動物たちも
    それぞれその雰囲気で
    お店の人だったり、お客様だったり
    ストリートミュージシャンも雰囲気かっこい〜い!!
    とか

    お金のかわりの人参も
    とてもわかりやすいです

    サンタさんもいるんですよ
    そのサンタさんは・・・

    とか、細部にわたって
    きめこまやかなストーリーがありそうです

    描くのが本当に好きなんでしょうね

    はじめの、おうちでの様子と
    持ち物と
    出来上がったものと
    絵本を閉じると・・・と
    気づくことがいっぱい
    きちんと、準備周到になって
    「これのためだんだ!」とわかると思います

    ラッタ ラッタ ラビッタ ラッタ♪

    ついつい、唱えたくなるこの言葉も
    素敵です

    カバーの絵も
    ほんと、かわいいです!!

    投稿日:2017/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛らしい表紙にまず目を奪われます

    • チルルさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    まず、書店で可愛らしい服を着たウサギに目を奪われました。
    ちょっとページをめくってみると、色鮮やかできめ細やかな町並みが広がっています。
    目を見張るのはリアルで可愛らしい街の動物たちの姿です。
    動物好きな方なら、魅入ってしまうでしょう。
    おつかいを果たそうとするラビッタちゃん、心細くなってしまうラビッタちゃんに愛おしくなりました。

    投稿日:2017/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界観が素敵

    何気なく本屋で見つけて読んだのですが、なんといっても繊細なイラストに目を奪われます。街並みが外国そのもので、世界観にうっとりします。ラビっタちゃんがお金の代わりににんじんでお買い物をする様子がとても新鮮で、お店の中の様子も丁寧に描きこまれていて見応えがあります。大人が読んでも、いろんな発見や感動のある絵本だと思います。

    投稿日:2016/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 洋服なども凝ったイラスト!

    山で暮らすうさぎの女の子ラビッタちゃんが町へおつかいに行くお話です。
    うさぎのラビッタちゃん親子の他にも,たくさんの動物たちが擬人化されているので,3歳くらいのお子さんから楽しめると思います。
    ラビッタちゃんの洋服も凝っているイラストで,可愛らしいです!

    投稿日:2016/11/12

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / なきむしこぞう / バンビと小鳥

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • みらいずかん
    みらいずかんの試し読みができます!
    みらいずかん
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    見たこともないおもちゃや乗り物がならび、わくわくドキドキ驚きの連続!


ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 1
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット