宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ゆきがふるまえになかなかよいと思う みんなの声

ゆきがふるまえに 作・絵:かじり みな子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2016年11月01日
ISBN:9784033325606
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,853
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっと心配しました。

    ラビッタちゃんはお母さんに

    おつかいを頼まれます。

    一人で大丈夫かしら?

    地図とお守りのふえをもって

    出かけました。

    おかいものの時お金のかわりに

    にんじんで払うっていうのがいいですね。

    なんだか疲れてきたラビッタちゃん。

    無事に家に帰れるのかな?

    だんだん心配になってしまいました。

    かわいい絵が印象に残りました。

    投稿日:2019/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛らしい表紙にまず目を奪われます

    • チルルさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    まず、書店で可愛らしい服を着たウサギに目を奪われました。
    ちょっとページをめくってみると、色鮮やかできめ細やかな町並みが広がっています。
    目を見張るのはリアルで可愛らしい街の動物たちの姿です。
    動物好きな方なら、魅入ってしまうでしょう。
    おつかいを果たそうとするラビッタちゃん、心細くなってしまうラビッタちゃんに愛おしくなりました。

    投稿日:2017/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / なきむしこぞう / バンビと小鳥

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 1
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット