あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくものの試し読みができます!
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

ぱんぽこぽん」 みんなの声

ぱんぽこぽん 脚本:矢代貴司
絵:ひろかわ さえこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2015年07月
ISBN:9784494080342
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,436
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一緒に楽しめる

    赤と黄色のお家からパンダちゃんとたぬきちゃんが出てきて、手拍子やお腹をぽんぽんとたたくお話です。とてもシンプルですが、赤ちゃんが楽しめる紙芝居だと思います。対象は10カ月からとなっていて、息子の図書館で借りた紙芝居デビューのひとつです。興味を持ったようで、もっと読んでと言いたいのか、紙芝居を渡してくれます。お話会なとで読んでもらえたら、親子でも楽しめそうです。

    投稿日:2019/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わず、にっこりしちゃう紙芝居

    おはなし会で
    先輩の何人かが演じていた紙芝居作品
    参加型で
    絵がはっきりしていて
    背景色も原色で
    パンダさんとかが浮きだって見えます

    赤ちゃん対象作品ですが
    いえいえ
    年中、年長さんでも
    小学生でも
    「かわいい!」と一緒に拍手を
    楽しんでいました

    「あのやまこえてどこいくの」や
    「ぷちとまとちゃん」や「おまめちゃん」等の
    かわいらしい絵の
    ひろかわさん!!
    ステキです♪

    季節を問わず
    参加型の紙芝居として
    活躍する作品ですね

    投稿日:2017/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「さぁ、一緒に楽しもう!」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    監修は乳幼児と絵本の大切さをいくつか本にしている佐々木宏子さんです。
    ですから、たった8場面の短い紙芝居の中に、子どもたちが楽しくなるようなこと、子どもたちの目を惹くことがたくさん詰まっていました。

    ひろかわさえこさんの絵は、線や形がはっきりしていて、色も子どもたちに認識しやすい色を使われているので見やすいです。
    脚本を書かれた矢代貴司さんは市民活動コーディネーターをしている方で、子ども向けの作品は今のところの1冊だけのようですが、元々読み聞かせなどの活動で、子どもたちと接する機会が多い方のようなので、
    とても読みやすい文章で、子どもたちが参加しやすい内容になっているなと思いました。

    文も絵も「さぁ、一緒に楽しもう!」という気持ちが詰まっている作品だと感じました。

    投稿日:2017/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット