もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

えんとつ町のプペル」 ママの声

えんとつ町のプペル 著:にしのあきひろ
出版社:幻冬舎
本体価格:\2,000+税
発行日:2016年10月
ISBN:9784344030169
評価スコア 3.82
評価ランキング 34,262
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 読みきかせには不向き

    なんでベストセラー?という作品です。
    絵がうまい=いい絵本
    ではないので評価が難しいのですが…

    『読み聞かせするには、不向きな作品』

    でしょうか…。中身が薄い…。伝えたいことが絵本から伝わってこなかったです。作者さんの伝えたいことを、絵本のPR文とか、ブログで伝えても意味がないのですよね。本から伝わる作品を作って欲しいな…と思います。

    投稿日:2017/01/27

    参考になりました
    感謝
    3
  • NDCは726.5

    お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣さん作ということですが、
    立ち位置としては、イラストレーターを多数そろえての、総合プロデューサーという印象です。
    図書館でのNDCは726.5、なるほど、イラストレーションという分類は妥当でしょう。
    時はハロウィン、煙突だらけで空が見えない町が舞台です。
    ゴミ山で、落し物の心臓で出来上がった、ゴミ人間と、
    煙突掃除屋のルビッチ少年の交流を描きます。
    ルビッチに「プペル」と名付けられたゴミ人間の造形が切ないです。
    いじめ、ルビッチ少年の父親とのエピソード、美しい星空、などなど、
    映画のような感動どころを盛り込んでいますが、
    今一つ、物語が滑らかにつながりません。
    もう少し、丁寧なストーリーであれば、と残念です。
    イラストは、アングルや光の加減など、かなりのクオリティを感じるのですが。
    コンピュータグラフィックスの映画を見ているようです。

    投稿日:2018/01/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 敢えて子どもには読ませなくていいかな。

    内容に関しては、よくない評価を付けている人と概ね同意見で、
    改めて書くまでもありません。
    なんでこんなことになっちゃったのかなあと考えると、
    絵本ってのはビジネスにはなりえないということなんでしょうかね。
    絵本ってのは、
    純粋に子どもたちに伝えたいことがある人、
    もしくは才能がある人
    にしか作ることができないんじゃないでしょうか。
    だから子どもが喜ぶ本を作ることができる人って、
    本当にすごい人たちなんだなと改めて思いました。
    絵本や絵本作家の見方が変わりました。
    そういう意味で、こういう本が存在する価値があるかもしれない。

    投稿日:2018/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい話でした

    とやかく人はいいますが、

    お話はとてもいいと思います。

    意地悪やいじめが普通の

    人間たちにウンザリしている方に

    オススメです。

    人間の汚さ、ずるさが分かります。

    でもそれと同時に

    人間の弱さ、愚かさも分かります。

    絵ももちろんすごいですが、

    私はこの単純なストーリーが

    今の世の中みたいで

    よかったなと思いました。

    投稿日:2018/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良かったー!

    10歳長女と読みました。

    ここでの評価が意外な感じでしたが、私も長女も、読み終わった後「とっても良かったね。感動」と話していました。

    絵はとても素敵だし、ゴミ人間プペルと男の子の友情。そしてキーワードでもあるハロウィン。これからハロウィンの時期にぴったりだと思います。優しさあふれる絵本で親子で大好きな1冊になりました。

    投稿日:2018/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さん!

    二度と会えないところへ逝ってしまったお父さんの魂がこんなに近いところにいたなんて!という感動的な展開に驚かされました。ページをめくるごとに、幻想的な絵が広がっていて、どのページもうっとりと見入ってしまいました。特に星空のページは感動的です^^

    投稿日:2018/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ないけどハッピー

    ハロウィンにできたゴミ人間プぺル。

    出会った少年ルビッチのお父さんはなくなっているけど、、、うすうす、読者もたぶん気づきます。

    そして、命を捨ててもルビッチにペンダントを渡したいプぺルに感動。気づいた少年もハッピーで、良い終わり方でした。

    でも長いので娘は時間がかかっていました。

    下に英語訳がついているのがいいですね。

    投稿日:2017/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 英語がいい

    ゴミ人間のプぺルはルビッチのお父さんの心臓とお父さんのペンダントの脳でできているみたい。

    ルビッチとの友情を最高に大事にするプぺル。ルビッチとハッピーエンドになりました。


    下に英語がついているのでオススメです。芸人のキングコングの西野さんの作品とのことで気になって読みましたが、特に芸人らしい笑いは入っていませんでした。

    投稿日:2017/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 映画になったらどうかな

    私が先に読み、小学5年生の娘が後からひとりで読みました。
    ぐいぐいひきつけられるようにして読んでいたのは、物語が
    どうなっていくのだろう?という興味と挿絵がとても美しかった
    からだと思います。
    「おとうさんだったんだね。あのしんぞうがそうだったのかな?」
    と娘。
    どうだったんだろう・・?
    アニメーションの映画になったら素敵だろうなって思いました。
    音楽が聴こえてきそうな雰囲気ですし。

    投稿日:2017/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がとても綺麗

    絵がとても綺麗です。
    まるで映画を観ているようです。
    このまま映像にすぐできそうな感じです。
    ストーリーも素敵で感動しました。
    日本語に全部英訳がついてるのがすごい。
    色々賛否両論ある絵本ですが、
    私はおすすめできる一冊です。

    投稿日:2017/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

全ページためしよみ
年齢別絵本セット