話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

いとしの毛玉ちゃん自信を持っておすすめしたい みんなの声

いとしの毛玉ちゃん 作:室井 滋
絵:長谷川 義史 むろい しげる
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年11月
ISBN:9784323073637
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,263
みんなの声 総数 7
「いとしの毛玉ちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  女優の室井滋さんと絵本作家の長谷川義史さんがタッグを組んだ絵本も、もう何冊になるのでしょう。
     ところが、今回はどうも長谷川さんらしからない絵のタッチ。まあパンチはあるのだけれど、どうもおしゃれ。
     よくみると、絵は「長谷川義史&むろいしげる」とある。
     どのあたりが長谷川さんで、どの辺がむろいさんなのかわからないが、きっとお二人わいわいがやがや、描いたにちがいない。
     だって、今回の話、結構シーンとなるんだけれど、まるでフランス映画を観ているようなんだもの。

     タイトルにある「毛玉ちゃん」というのは、すっかり年をとった体じゅう毛玉いっぱいのおじいちゃんネコ。
     最近飼ってもらっている家の人からほめられないので、隣のミーコと家出をすることになった。
     ミーコというのもおばあちゃんネコで、ミーコは子ネコを9匹も生んでおっぱいもだらーんとなってブラジャーをはめさせられていたりする。
     その二匹のネコが迷い込んだのが、年をとったおばあさんのところ。(毛玉ちゃんたちとおばあさんがベッドで抱き合っている絵は本当に素敵です。この絵を見ているだけで、生きててよかったみたいな、いのちの尊さを感じます)
     やさしくしてくれるおばあさんのために、二匹のネコは暖かいかぼちゃのスープを飲ませてあげようとします。
     そして・・・。

     最後のページを閉じた瞬間、また最初から読みたくなる、これはそんな絵本。
     このコンビの絵もまた見たいと思います。

    投稿日:2017/05/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 温かい気持ちにじんとします

    とても素敵な絵本です。
    年取って、毛玉だらけのぼよぼよに太ったぼくは
    もう、かわいいわね、、とは言ってもらえない。
    そしてお隣のみーこちゃんもかなりのお年寄り。
    ふたりはある日、家出をするのです。
    そして、もっと年寄りのおばあさんに出会います。
    大変な境遇なのに、あっけらかんとして、暗さがない描き方。
    そしてぼくもみーこも、おばあさんも、
    なんて温かい気持ちを持っているのでしょう。
    室井さんのお人柄がにじみ出ているような
    やさしさがじんとしみわたる絵本です。
    そして、長谷川義史さんとのコラボの絵が、ダイナミックでかわいくて
    いい味です。

    投稿日:2017/02/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • ねこ好きの室井さん

    このお話は、ねこ好きの室井滋さんだから描けるお話だと思いました。絵も長谷川義史&室井滋さんが描かれているからタイトル「いとしの毛玉ちゃん」と、ねこ大好きな気持ちも伝わってきました。年をとった二匹のねこたちに優しく必要とされて看取られて天国に召されたおばあちゃんも幸せだったなあと思って本をとじました。でも余韻は、とても複雑です!

    投稿日:2017/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分たちの居場所を求めて

    このお話は、飼い主からの愛を感じなくなってしまった二匹の老猫が自分たちの居場所を求めて家出をするお話でした。この猫たちは、一人のおばあさんのもとへとたどり着き、おばあさんが死ぬまで温めたりして癒してあげていました。おばあさんに感謝され、必要とされて心が満たされていく感じがとっても感動的でした。。

    投稿日:2017/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 室井しげるさんと長谷川義史さんのコラボの絵本
    わあ! おもしろそうと 図書館から借りてきました
    ネコも年をとると おなかがダラーンとたれて、毛玉ができてくるんですって
    人間の年寄りと同じです
    おとなりの ネコのミーコは 9ひきも子供を産んで おっぱいがダラーンとなって ブラジャーつけてもらって    笑えました・・・・

    二人で家出するんです 
    家出のときの 人間への贈り物も なんと 心がこもっていて・・・・・  笑えます   
    でも ネコも「年をとるって つらいわぁ」  この言葉に ぐさりと胸が突き刺さりました
    二人のさすらいの旅での出会い マダム(室井さんを思いましたが・・・)
    そして オンボロ家で   出会ったおじいさんのような おばあさん
    この話はじめは おもしろかったのですが・・・
    読んでいるうちに 涙が出てきました

    この人、おもちがかびたような臭いがしてね  ネコ達は自分たちの毛玉を鼻につめるおはなしは笑えたんですが・・・・
    このおばあさんが優しくしてくれるので、自分たちもおばあさんの役に立ちたいと思うようになるのです
    このぬくもりの絵は なんとも 心温まり 優しくなれます

    「ぬくもり」 どんな人も どんなときも  ぬくもりが 大切なんだなあと じーんと来ました

    おばあさんは やさしいネコたちに 「心から ありがとう」を言って
    天に召されていくのです
    涙 なみだがあふれる おはなしでした

    年をとるって言うことは  室井さんの優しさが このお話に溢れていました   「ありがとうございました!」

    8つの宝箱 CDも聞いてみたいです 
    マイブックにしたいです

    投稿日:2017/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット