ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

わたし、お月さま」 みんなの声

わたし、お月さま 文:青山 七恵
絵:刀根 里衣
出版社:NHK出版
税込価格:\1,760
発行日:2016年11月
ISBN:9784140361252
評価スコア 4.22
評価ランキング 21,922
みんなの声 総数 8
「わたし、お月さま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お月様とお爺さん

    このお話は、昔月に行って月と一緒にドーナツをたべた男と月が、男がおじいさんになってまた再開したお話でした。お月さまはこの男に会うために地球に行っていろいろな人や物に出会って、やっと探していた男の人(おじいさん)に出会えていました。うちの子は、会えないと思っていたらしく、会えたのにすごいびっくりしていました。

    投稿日:2017/01/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • お月さまがおりてくる

    とても神秘的な感じがする表紙です。
    刀根里衣さんは今まで、動物のかわいらしい絵しか知らなかったのですが、こんな絵も描かれるのですね。

    お月さまが、昔、お月さまの元に来て優しくしてくれた宇宙飛行士に会いに、小さくなって地球へ降りていくという、不思議でかわいいお話。
    もうだいぶ年老いていたけれどちゃんと宇宙飛行士さんを見つけることができ、お月さまとの思い出も覚えていてくれたことに感動しました。

    どちらかというと大人向けな感じはしますが、かわいいお話なので小さな子供でも楽しめると思います。

    投稿日:2020/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憧れ

    刀根里衣さんのお月様の周りの郡じょ色の美しい絵に魅入ってしまいました。なんだかお月様の色合いに寂しさが滲んでいてお月様はさみしがりやなんだと思いました。宇宙飛行士さんを探すなんてちょっとロマンを感じてしまう私でした。ファンタジックな色彩と憧れの人に会いたい気持ちは、素敵なことだと思いました。

    投稿日:2017/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 青、群青・・・きれいです!

    昔月に行って
    月と一緒にドーナッツを食べた宇宙飛行士さん

    ドーナッツ?
    本当に???

    と、すぐに現実的に考えちゃいかんなぁ〜(笑

    刀根さんの絵がとてもきれい!です
    宇宙、地球の青、群青・・・素敵です
    惹き込まれます

    刀根さんの人間の絵を
    初めて見たような・・・

    「ピッポのたび」を息子に紹介してから
    とても気に入っちゃって
    数冊買って自分専用にしてます(笑
    彼の方がいち早く刀根作品が出るとすぐに
    見つけては
    私より先に読んでいて
    そう言うのです
    確かに・・・

    このお月様は
    自由に旅したかったのかな?
    みんなに必要だ!って気付いてほしかったのかな?
    結構自己顕示欲や強い方なのかな(笑

    擬人化がおもしろかったです

    投稿日:2017/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 芥川賞作家の青山七恵さんの作品です。
    …と言っても決して大人の絵本と言うわけではありませんヨ
    どんな形のお月さまもみんなは、「きれいね」って言ってくれる。けれど、お月さまのつぶやきに答えてくれる人は、いないのです。そんな時にお月さまが思い出すのは、ずっとむかしに訪ねて来てくれた宇宙飛行士さん。お月さまは、宇宙飛行士さんに会いたくて小さくなって地球に来ます
    子ども達、赤ちゃん、猫、鳥…いろんな出会いいろんな場所長い旅をします。ある夜、お月さまがいなくなって泣いている女の子とお話しているおじいさんが宇宙飛行士さんだと気付きます…そして、気付いほしくってお月さまは……
    チョット、可愛いらしいお月さまの気持ちがオマセな娘と重なりました。
    落ち着いたカラーの絵も素敵ですよ。

    投稿日:2017/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かな文に色調がぴったり

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    本屋でひとめぼれした刀根里衣さんの絵本はほとんど読んでいます。

    今回も楽しみに読んでみました。

    青にもいろんな青があるんだなと
    色の深さを感じさせ、
    初めて読んだ青山七恵さんの静かな文に色調がぴったりで、
    子どもも読んでいる途中に夢の中に入りました。

    内容もよかったのですが、
    やっぱり絵がとてもすばらしく、
    やわらかい黄色につつまれた赤ちゃんや、
    青い世界にはとても癒されました。

    投稿日:2017/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月のひとりごと

    ちょっとセンチメンタルなお月さまのひとりごとです。
    気まぐれかどうか。小さくなって空から地上におりてきてしまうほど、身勝手なところもあります。
    美しい絵本ですが、お月さまのプライドの高さが鼻についてしまいました。

    投稿日:2017/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月さまの寂しさ

    大人テイストの、幻想的なストーリー。
    お月さまは寂しがり屋で、以前訪ねてくれた宇宙飛行士さんに会いに地球にやってくるのですね。
    地球を体感しながら、やっと会えた宇宙飛行士は、気づいてくれこそはしませんでしたが、
    大切なことを教えてくれたようですね。
    かなり大胆な発想ですが、不思議とすんなり心にストンと届きます。
    お月さまの造形は、刀根里衣さん。
    さすがの空気感です。
    どこかでちゃんと覚えていてくれる人があるって素敵です。
    やはり小学校高学年くらいから、しみじみ感じ取れるでしょうか。

    投稿日:2016/12/26

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / だるまさんが / バムとケロのもりのこや / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • アリのメアリ
    アリのメアリ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    いわたまいこさんの絵本デビュー作。繊細で美しい切り絵の魅力がいっぱいの、愛らしい絵本。
  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました


2022年5月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット