5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ 5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ
構成: 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
夏のがんばり賞キャンペーン実施中!夏向け幼児教材売上No1!「できた!」「もっとやりたい!」が聞こえる夏に♪
まゆみんみんさん 40代・ママ

家庭学習の習慣になりようですね。
我が家の娘も、幼稚園児の頃、学研のドリ…

ばあばは、だいじょうぶ」 ママの声

ばあばは、だいじょうぶ 作:楠 章子
絵:いしい つとむ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年12月20日
ISBN:9784494005970
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,794
みんなの声 総数 9
「ばあばは、だいじょうぶ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • だいじょうぶ

    • イヨイヨさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    息子と一緒に読んでみました。4歳の息子には、分からないことがおおく、ピンときてない様子でした。
    ただ、玄関に立っているばあばの裸足のページにはドキっとする場面で、読み聞かせながら一瞬空気がはりつめ、息子が心配していました。
    私にとってもばあばの存在は大きく、絶対的なものですが、当たり前の不変ではないのだと思わされました。
    おばあちゃんの、だいじょうぶという言葉に、涙が出ました。

    投稿日:2019/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • リンクしてしまいました

    娘に・・・ではなく自分が読みたかったので娘と一緒に読みました。
    もちろん5歳の娘には少し難しすぎるお話で、1つ1つが不思議なようでした。
    同じことを繰り返すこと、
    紙に書き残すこと、
    外へ出て行ってしまうこと
    全てが不思議だったようです。

    私にとっては・・・
    私の母は数年前に他界してしまいましたが認知症でした。
    紙に覚書をする場面では、私への手紙らしき言葉が残された思い出がよみがえってきました。
    全てのシーンでとても共感できました。

    認知症や介護について難しい話ではありますが、この絵本では難しい話ではなく、子供にもとても分かりやすく表現されているなと思いました。

    投稿日:2019/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 胸が詰まるお話です

    いつ誰にでも起こりうる、認知症をテーマにしたお話です。

    優しくて、いつもつばさのことを可愛がってくれていたばあばが、少しずつ少しずつ変わっていく。
    その変わりようが怖くて、そばに寄ることが出来ないつばさと、お世話に懸命な親達。
    つばさの気持ちが痛いほど分かりますし、もう少し親がつばさに寄り添うことが出来ればよかったのかなとも思いました。

    でも、記憶を失いゆくばあばのメモが沢山出てきた時、ばあばのそれまで生きてきた姿が映し出され、本当に心優しい人だったのだと分かります。
    だからこそつばさの心に強く響いたのではないかと思いました。

    人間、心優しく生きてきた人の最期は、何とかしてあげたくなるものです。
    自分の生きる姿勢をも考えさせられるお話でした。

    投稿日:2018/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 認知症理解

    2017年度読書感想文コンクール小学校低学年の部課題図書。
    作者の実体験を踏まえて、認知症や介護について描いた作品。
    ぼくの大好きなおばあちゃん、ばあばが、忘れてしまう病気にかかってしまうのです。
    その具体的な行動が切ないです。
    完全に忘れてしまうのではないところが、本人にとってもつらいということが、
    よくわかるエピソードです。
    近所の人々も、戸惑いながらも温かいです。
    そう、目をそらしたいけど、理解する事が大切なんですね。
    あとがきも滋味深いです。
    そう、決して大変なだけの世界ではなく、学ぶことがあり、心が満たされる世界だということ。
    心の持ちようを教わった読後感でした。

    投稿日:2017/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙が出ました

    認知症。
    そのような言葉では書かれていませんが、
    この絵本にでてくるばあばは、認知症が出始めました。
    家族のとまどいと、ばあば自身のとまどいが、
    普段の生活を通して描かれていて、
    途中、涙がでてきました。
    多くの家庭が経験していることなのかもしれません。
    優しくしたいけど、そうできない時があったり・・・。
    忘れたくないのに、忘れてしまったり・・・。
    切ない気持ちになりましたが、とてもとても
    よい絵本だと思いました。

    投稿日:2017/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 介護の現実

    認知症介護は
    するほうも、されるほうも
    心も体も疲弊するものだと思います。

    壊れていくばあばと
    介護している母
    それを見ている小学生のつばさくん。

    いつも「だいじょうぶだよ」と言ってくれたばあばは
    壊れてしまっても、
    その暖かい心根までは壊れていないと思わせるラストは落涙ものです。

    投稿日:2017/06/25

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / どろぼうがっこう / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / しゅくだい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット