あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

庭のたからもの」 じいじ・ばあばの声

庭のたからもの 作:大野 八生
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,350+税
発行日:2017年01月26日
ISBN:9784097266860
評価スコア 4.17
評価ランキング 20,518
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 身近な植物に目を向けて

    全ページためしよみで読ませていただきました。
    作者の大野八生さんは園芸家とのこと。
    植物の知識、植物を楽しむ方法、植物への愛があふれているなと感じました。大げさに園芸をと構えなくても、身近にあるものに目を向けたら、それだけでも楽しいことを教えてくれます。

    投稿日:2019/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 球根育ててみたいな

    もしもこんな風に、四季を通じて、植物と接することのできる場所が
    あればどんなに素敵だろうと思える絵本です。
    秋に植える球根類は、子供の時から、お教室で先生が育ててくださった思い出があります。
    水仙、アネモネ、フリージアなど、球根はどれも春を待つロマンチックなお花です。
    この絵本で一番最初に見るのは、クローバー、カタバミ、オキザリス
    ハートが優しく、可憐で強い葉っぱたち。
    春に咲き乱れる野生のスミレも、かたばみも、小さいけれど美しい花を咲かせます。
    そんなことを思い出させてくれる植物や、果樹や、ハーブたちが
    たくさん説明されている気持ちの良い絵本ですね。

    投稿日:2018/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 1
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット