話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

されどオオカミ」 みんなの声

されどオオカミ 作・絵:きむら ゆういち
出版社:あるまじろ書房
税込価格:\1,540
発行日:2016年10月20日
ISBN:9784904387092
評価スコア 4.55
評価ランキング 6,011
みんなの声 総数 46
「されどオオカミ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

46件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 大人でも読み応えがある絵本です

    読み終わった後に、なんだかジーンときました。
    人間のバートルと狼のリーダーのタオ。敵だけど友達のような存在のふたり。
    終盤のバートルとタオの戦いの様子は息をのみました。
    タオが居なくなった森は、だんだんと荒れ果てていきました。
    自然はいろんな生き物が共存している場所で、みんなが支え合って生きていく場所。誰かが欠けたら、美しい自然も保てなくなり、美味しい作物も実りません。
    それを絵本の中で上手く表現していると思いました。
    生き物を大切にすること。自然を大事にすること。
    色々な事を学べる絵本だと思いました。息子は0歳ですのでまだ分かりませんが、大きくなったら一緒に読みたいです。

    投稿日:2017/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 幼児から少年になりかけている息子に読んでほしい 受賞レビュー

    普段子供と一緒に読んでいる絵本では、大体オオカミは悪者で、最後には倒されてしまいます。
    もちろんそういう勧善懲悪なお話に幼い頃から触れておくのは大切な事だと思いますが、6歳になる息子には「世界はそう単純な物ではない」という事をそろそろ知ってほしい。
    雨が降ると「雨は嫌だね」と言い、虫が出ると「虫なんていなければ良いのにね」と言い、テレビに政治家が映っていると「この人は良い人?悪い人?」と聞いてくる息子よ。
    世の中はもっと、もっと複雑なんだよ。

    見方を変えると善悪も変わる。
    地球では、全ての生き物が絶妙なバランスを保って成り立っている。
    本当の強さとは何か。
    子供にもこの本を通して、学び取る事がきっとあると思います。

    投稿日:2017/04/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • オオカミは本当に悪者だろうか。
    そんな問題をきむらゆういちさんに突きつけられたような気がします。
    家畜を襲って、村人を困らせるオオカミではあります。
    村人には大敵かもしれません。
    でも、オオカミならではのやり方で、人間を襲うことはしていないようです。
    共存できれば良いのかも知れませんね。
    オオカミがいなくなってから起こったことは、想像できませんでした。
    オオカミではないけれど、クマや鹿やサルや、今の日本で同じ事が起きていることも思い起こしました。
    正々堂々と立ち向かう事や、先々の事を考えられるほど、私たちはりっぱではないのかも知れません。

    投稿日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんなで考えたい大切なこと

    久しぶりにこころから感動する絵本に出会えました。
    自然(動物)と人間との共存がテーマでした。

    人間が手を加えてしまうと自然の営みのバランスが
    崩れてしまい、取り返しのつかない状態に
    なってしまいました。

    絵本のなかのことではなく、現実のたいへん重要な
    問題だと感じています。

    投稿日:2019/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えるべきテーマ

    オオカミと他の動物達、そして人間との関係、勢力バランス、自然界のことまで広く考えさせられるテーマです。
    前半はシートン動物記の『オオカミ王ロボ』を思わせるような感じでしたが、後半に作品の主題が強く打ち出されているように感じました。

    ただ、内容が昔話なのか物語なのか、分かりにくい感じなので、子供にはもしかしたら物語として聞こえているかも・・・と思いました。

    あちこちをぼかした描き方をするより、もっとはっきりと訴えかける内容にした方が、子供にはダイレクトに伝わっていいのではないかと思いました。

    投稿日:2019/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学生

    昔話風ですが、伝承の昔話の特徴が見当たりません。
    どちらかというと、小学生以上の子どもに、何かを考えさせる絵本のような気がしました。
    テーマが根深い問題に対して、絵もストーリーも少し教訓的で安易な表現のような感じがして残念かな…と思いました。

    投稿日:2017/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵本

    9歳長女に読みました。

    読んでみると、モンゴルのお話なんですね。少年バートルとオオカミのタオのお話です。オオカミと言えば悪者として描かれることが多い動物ですが、このお話の中のタオは、家畜を食べられる人々からすれば悪者ですが、いつもオオカミ同士でいる場面では、正々堂々と戦うカッコいいヤツなんです。

    でも、来てしまったタオとバートルの戦いの日。

    何だかとっても考えさせられるお話でした。

    投稿日:2017/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • バランス

    おおかみが悪者になるお話が多いような気がしますが、この絵本では、おおかみは自然界で必要な存在になっていました。人間にとっては、家畜を捕られてしまうので迷惑がられますが、自然界のバランスを保つために一役買っているんだな〜と感じました。

    投稿日:2017/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • オオカミの存在のありがたみ

    されどオオカミ、切なさが少しありました。人間のバートルと、オオカミのタオがあともうちょっとで心を通わせるところで結局、通い合うことができませんでした。そこが少し、切なくなりました。タオが攻撃される前、バートルの仲間の中で裏切り者がいたのではないかと、感じてしまったほどです。オオカミのタオをやっつけたところで、自然の問題解決にいたらないどころか、もっと問題が大きくなってしまい、自然の生き物はむやみやたらに傷つけることは良くないことをよく教わりました。オオカミの存在のありがたみがよくわかった絵本でした。

    投稿日:2017/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • タオの言葉

    これは大人向けの絵本かもしれないですね。
    バートルやタオの言動には、ハッとさせられました。

    人間、動物、自然。
    自分たちの事だけじゃなくて、まわりとどう共存していくか。
    とても難しいけど、自分なりにしっかり考えなければいけないなと思いました。

    「やっぱりおまえも…」

    タオの言葉が重く響きました。

    投稿日:2017/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

46件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / いいこってどんなこ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



3月の新刊&オススメ絵本情報

全ページためしよみ
年齢別絵本セット