まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

鬼のうで」 その他の方の声

鬼のうで 作・絵:赤羽 末吉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1976年
ISBN:9784039641106
評価スコア 4.73
評価ランキング 1,098
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ひきこまれました

    迫力があり、美しくて、すばらしい赤羽さんの絵。物語のなかに、ひきこまれました。古典の世界を身近に感じられます。
    昔話や日本の古典など、時代がちがっても、赤羽さんの絵で読むと、自分のなかで物語が息づく感じがして大好きです。

    投稿日:2017/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 京の都にほどちかい 丹波の大江山 に酒呑童子という鬼がいた
    この鬼を捕まえようと 源頼光という武勇優れた侍が けらいをつれて 鬼退治に行くのですが・・・・・

    一匹の鬼がにげた    鬼は悪さをして 女達をさらっていった
    この鬼を退治するのが 渡辺綱   このお話の潔いこと
    迫力満点の 鬼  鬼の腕を切る 立ち回りに 引きこまれます
    渾身のはくりょくのある 鬼 見事です!


    御伽草子 太平記などの古典文学の物語で 歌舞伎でも演じられているのです
    歌舞伎で見るのも 見事でしょうね
    迫力があり 鬼と 綱 頼光の駆け引きは 見事です
    口調も 躍動感があり 読んでいて 思わず  リズムが出てきます

    声に出して読むのをお奨めします

    なんだか 自分も 歌舞伎役者になったような・・・・・

    赤羽さんの絵は 見事です

    京都の人間としましては なんだか 身近な地名であり 親しみを感じました

    投稿日:2016/05/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 1
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット