つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん
作: ジェニー・ジャコビー 絵: マイク・ラブ & ビアトリス・ブルー 訳: 田中薫子 監修: 平山廉  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
トリケラトプス、ティラノサウルスなど、5つのポップアップを自分で作る、ずかん絵本!

チトのぼうし」 ママの声

チトのぼうし 作:メルコール・G・フェラー
絵:ジャン・シャロー
訳:あきのしょういちろう
出版社:童話館出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784887501218
評価スコア 4
評価ランキング 24,785
みんなの声 総数 2
「チトのぼうし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 短編映画のような絵本

    市場への買い物に行くのも1日係という、メキシコの田舎町のおはなし。
    茶色と黄色の2色使いで、地味な挿絵で、なんてことはないやり取りが続くのですが、なぜだか印象に残る絵本です。
    子供たちもこの絵本が好きで、「このお父さんが優しいんだよなぁ」と羨ましそうにつぶやいたりします。
    私も、足に新しいぼうしを乗せて眠るラストシーンがたまらなく好きです。
    短編映画を見たような、充実感が感じられる絵本です。

    投稿日:2019/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • メキシコの「ソンブレロ」!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    どこかで見たことのある絵だと思ったら、
    マーガレットワイズ・ブラウンの「おやすみなさい」の絵を担当しているジャン・シャローが絵を描いていました。

    物語の舞台はメキシコです。だから主人公の男の子「チト」が町でお父さんに買ってもらった帽子は、「ソンブレロ」なんでしょうね。
    (でも、本当はスペイン語で、すべての“帽子”のことをソンブレロというんですけど。この場合、メキシコ特有のつばが広くて、頭のところがポコッと大きくなっている帽子の名称として広く使われているようです。)
    茶色い線のみで描かれているメキシコのの小さな町、唯一色がついているのは絵本の中に登場するいろんな帽子のみです。

    淡々としたお話ですが、物語の世界がしっかり描かれていて、読めば読むほど味が出てくる感じがしました。
    ただ、何歳くらいのお子さんにお薦めしたらよいか、それがちょっと難しそうです。
    難しいお話ではないし、えもわかりやすいのですが、この国の様子やチトの状況が理解できるのは、小学校の中学年くらいからでしょうか。
    最後のほうで、新しいチトの帽子をメチャクチャ羨ましそうに手にしている妹が印象的でした。

    投稿日:2016/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット