新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
真夜中のキョーフ

真夜中のキョーフ(フレーベル館)

5つの「キョーフ」があなたを襲う!!

  • びっくり
  • その他

ぐるぐるの図書室」 みんなの声

ぐるぐるの図書室 著:まはら 三桃
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2016年10月
ISBN:9784062832410
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,853
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 皆さん、読んで!読んで!

    本なんてどれを読んでもおもしろくない
    本なんて、面倒くさい

    そういうお子さんにこそ
    読ませたい(笑
    あなたにとても似ている小学5年生が
    出てくるかも!?

    こんな図書司書さんが本当にいたらなぁ〜
    茜色の貼り紙があったらなぁ〜
    本当に、自分が必要とする本があって
    その中に入ることが出来たら・・・

    恋も冒険も、夢中になることも
    友達とのこととか
    親との関係とか

    イマドキの小学生の心をしっかり
    つかんでしまうかと

    おばさんな私が力説してどうする(笑

    だって、児童書の当たり年!?の
    2006年組5人による
    リレー式?なんです
    あ、この子は、最初に出てきた子で
    あ、この子とこの子が・・・
    と、全部ちながるおもしろさ

    表紙の絵を見て、なるほど(笑

    「ぎりぎりの本屋さん」から
    こちらを読みましたが
    どちらも、お薦めです!!

    巻末の座談会も興味深いです
    おばさんには(笑

    投稿日:2020/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 【あらすじ】
    5人の小学生の物語。それぞれ、図書室の前にあった奇妙な茜色の張り紙をみて、図書室に行く。司書の先生らしき女の人に、本を探して欲しいと頼まれ、それぞれが不思議な世界に紛れ込んでいく…
    第一線で活躍する児童文学作家、5人がおくる短編集。

    【感想】
    どれも非常に面白く、読んでいてついつい電車を乗り過ごしてしまいました。
    現代っ子の、小学生の雰囲気がよく出ていて、それぞれの個性が際立ち、別個の物語を楽しんでいるようでいて、どこかでつながっている。小学校のころ、隣のクラスにいる、名前くらいしかしらない子が、図書室で同じ本を借りていた時の驚きを思い出しました。そうそう、そういう感じ。

    どの話も、だれの心にもありそうな闇の部分に紛れ込んでいくような恐ろしさがあり、どんどん変な方向にいってしまいそうになるのだけども、最終的にはこの世に戻ってこられます。それは、読書と同じです。どんなに変な本を読んで、その世界に溺れてしまっても、かならず本を閉じたら現実の世界に戻ってこられる。
    読書と図書室と、物語の世界の恐ろしさも面白さもあますところなく知り尽くしている名人たちが、腕を振るってこしたえてくれた素晴らしい作品ばかり。贅沢な一冊です。

    キーとなる「図書室のストレートヘアーの女の人」の描きかた、物語の雰囲気、登場人物たちの感情表現など、その作家独自の工夫や個性が光る一方、一冊の本としてきちんとまとまっている世界観、共通認識があり、まさに名人芸。
    やはり、時代の先端を走り続けている人たちは素晴らしい。大人が読んでも十分に楽しめる一冊です。年齢問わず、おススメします。

    投稿日:2017/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2006年組

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    個人的に好きな作家さんばかりの図書館の5つの物語。
    2006年デビューのこの5人の作家さんたちの力から「2006年は児童文学の当たり年だ」と評判になったというのは頷けます。
    どのお話もおもしろかったです。
    図書館に茜色の貼り紙が書かれていて…、そしてちょっとふしぎなお話という共通項。

    投稿日:2016/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット