新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
トラからぬすんだ物語

トラからぬすんだ物語(評論社)

2021年ニューベリー賞受賞作!

  • 盛り上がる

耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ」 みんなの声

耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ 文:ナンシー・チャーニン
絵:ジェズ・ツヤ
訳:斉藤 洋
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2016年10月
ISBN:9784895728997
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,195
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 野球が好きな人におすすめ

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    読み聞かせボランティア仲間のお勧めで読みました。

    いつも当たり前に見ていた野球審判の動作が、耳の聞こえない選手の気付きで始まったことは、とても素晴らしいエピソードだなぁと思いました。
    そして、ベンチから伝えられるサインプレーについても、野球を見るのが好きな私にとって、大変興味深い話でした。
    耳の聞こえないウィリアム選手だけでなく、その後100年以上現在まで、そしてこれからもずーっと、野球選手と野球を楽しむ人みーんなの役に立つアイデア、本当に素敵です。

    野球が好きな人にお勧めです。

    投稿日:2022/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 審判のジェスチャーや選手間のサイン

    タイトルに惹かれて手に取りました。
    耳の聞こえないウィリアムが、メジャーリーガーになるまでのお話です。
    今や当たり前となった野球の審判のジェスチャーや、選手間のサインは、ウィリアムが考案したんですね。
    実際のお話ということで、より興味深く読めました。
    機会があったら、高学年の読み聞かせで読んでみようと思います。

    投稿日:2020/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私はこの本を読んではじめて 野球のジェスチャーができたことに感銘しました!
    野球は好きでよく見ますが・・・・

    耳が聞こえなくても好きな野球選手になれたこと   それでもいろいろな 差別があり 苦しいことを乗り越えて   審判にジェスチャーでストライク アウトを伝えてもらうことを実現させたこと すごいですね!

    メジャーリーグ選手になり 活躍したなんてすばらしい人です

    アメリカの野球界にはすばらしい人がいて 歴史があるのが分かりました

    障害を持っている人にも 希望と勇気を与えるでしょう
    あきらめず 夢を追い続ける精神の素晴らしさ   感動です!

    99歳の生涯とは これまたすばらしい人です

    投稿日:2018/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2017年度読書感想文コンクール小学校中学年の部課題図書。
    もちろん、実話なのですが、その内容にかなりのインパクトがありました。
    1862年生まれのウィリアム・ホイは、野球の才能があったのですが、
    聴覚障がいがあったのですね。
    だからこそ、自分に不利な状況を改善するために、審判ジェスチャーやサインプレーを編み出し、
    それが今も続いて入るのですね。
    これは、障がい者の視点が、健常者にも有益だということを示していますね。
    メジャーリーガーにまでなったウィリアム、素晴らしいです。
    実話だからこその説得力に脱帽です。
    2008年の課題図書、『耳の聞こえない子がわたります』も併せて読んでほしいです。

    投稿日:2018/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感動しました。

    9歳長女に借りてきました。

    耳の聞こえない少年ウィリアム・ホイがメジャーリーガーになるまでのお話です。耳が聞こえないことでたくさんの苦労をしますが、夢をかなえる姿に感動しました。そして、今普通に野球で使われているサインが、ウィリアム・ホイが提案したことで使われるようになったことも初めて知りました。

    野球に興味がない人でも、このお話は絶対心に響くはず。

    投稿日:2017/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 伝記ものの絵本

    伝記ものの絵本で
    耳が聞こえなくともメジャーリーガーになったウィリアム・ホイの物語です。

    現在はごく普通に行われている
    ストライクやボールといった、審判の球種コールの際のジェスチャーや
    サインのやり取りは
    この方の発案なのだそうです。
    耳が聞こえない自分だけでなく
    大型画面も、場内アナウンスもない昔は
    遠くからでも試合の展開がよくわかり
    観客も大喜びだったとか。

    ハンディをプラスに転換できるそのパワーに
    ものすごく感動しました。

    投稿日:2017/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 聞こえないハンデを前向きにとらえていた!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    2017年読書感想文・小学校中学年向け課題図書の1冊です。
    ジェズ・ツヤさんの絵はわかりやすく、遠目もきいてよかったです。
    この作品は、(実在した)「ウィリアム・ホイ」が住んでいたオハイオ州聴覚障がい者協会のバックアップのもと、野球大好き人間だったひとりのろう者の青年がプロとして活躍した伝記ものです。

    “聞こえないハンデ”を持っていたにもかかわらず、ウィリアムの前向きな頑張りはすごいと思いました。
    そんな頑張りのひとつの結果として、野球の試合中に使う「サインプレー」を考え出していたんですね〜。
    彼ひとりがサインを考えたわけではないそうですが、そういう発想を思いつくなんて、なかなかできることではないと思いました。

    伝記ものの場合、その人の人生を語るわけですから、著者が伝えたいことはたくさんあると思います。
    この本からはウィリアムが“野球が好きだった”ということはよく伝わりましたが、1つ1つの出来事の余韻みたいな部分を全てカットしているので、物語としては物足りない感じがしました。
    (そこが少し残念でした。)

    投稿日:2017/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • メジャーリーグのルールを作った男

    このお話は、耳の聞こえないウィリアムが大好きな野球をやって、メジャーリーガーになったお話でした。でも、耳が聞こえないので審判の判定を聞くことができないので、ジェスチャーやサインを考えて観客の人たちも一緒に野球を楽しめるようにしたのです。ハンデがあっても努力している姿にとっても心打たれました。

    投稿日:2017/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 近くに聴覚障害者の学校があるからでしょうか。この手の話には心打たれます。
    それにしても、今では野球だけではなく様々なスポーツで当たり前の審判の判定ジェスチャー、選手のサインプレイが、聴覚障害のウィリアム・ホイ選手の発案だったことには驚愕です。
    健常者と障害者が一緒に生活できること、ノーマライゼーションは、子どもたちに伝えなければいけない、最重要なテーマだと思います。
    ウィリアム・ホイは、多分幾多の苦労や差別を努力で乗り越えてきた人です。
    それを笑顔で語れれば、誰もが感動してしまいます。

    投稿日:2017/01/18

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット