新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

えらいこっちゃのようちえん」 じいじ・ばあばの声

えらいこっちゃのようちえん 文:かさい まり
絵:ゆーち みえこ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年01月30日
ISBN:9784752007715
評価スコア 4.63
評価ランキング 3,196
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 4月から保育園

    孫が4月から保育園に入園するので読んで見ました。去年の12月から、2歳児クラスにお世話になっているし、4月からは、年長児になる兄と一緒の保育園だから少し安心はしているのですが、やっぱり初めての保育園には変わりないので、「えらいこっちゃ」と孫の言葉として受け止めたいと思って読みました。保育園から帰ってきたら、いろいろと聞いて「お疲れ様」と応援したいと思いました。とても参考になってよかったです。

    投稿日:2018/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めての日のどきどき

    ようちえんの初めての日のどきどき、思いがけない体験、しっぱいなどが
    描かれていて、こんな風におもっているのかな、、とほのぼのとします。
    幼稚園バスに乗る前に、逃げ出すのは見たことがなくておかしかったですが、本人は真剣そのものですよね。
    いろいろな体験の度に、先生がやさしく接してくれるのも、素敵だなあと思いました。
    だんだん、元気が出てきて、帰った時には、明日のお弁当の事も考える余裕が出てきたようです。
    こうやって慣れてゆくのですね。

    投稿日:2018/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット