新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト

ぼくとベルさん」 みんなの声

ぼくとベルさん 著:フリップ・ロイ
訳:櫛田 理絵
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2017年01月24日
ISBN:9784569786230
評価スコア 3.67
評価ランキング 42,349
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • フィクション・・

    読み終えるまですっかりノンフィクションだと信じていました。
    「ぼく」が「作者」なのだと思い込んでいました。
    なので、娘にも「ほんとにいいよ!この本!」と、興奮しながら
    伝えていたのですが・・なんと、フィクションだったとは(史実を元にした、とはありますが・・どの程度まで元になっているのか、検索してみたりしたのですが・・わかりませんでした)。

    勝手に思い込んでいた私がいけないのですが「すごいなあ。ベルさんと交流することによってこんな大人に成長することができたのだなあ」と心ふるわせていた私の、その心の置き所がありません(涙)。

    ノンフィクションっぽいフィクションも世の中にはたくさんあるわけですし、それらを楽しんで読んだりもするのですが。

    投稿日:2018/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個人の特性を尊重する感動

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    【あらすじ】
    左利きの少年エディは、文字が書けない。しかし数学に関しては天才的な才能をもっていた。困難な学校生活を送る中、ある日、偶然にも発明王のベルさんと出会う。そしてヘレンケラーとも出会い、少年は自分のできる事とできない事に真剣に向かい合う。彼は数学を応用し、滑車をつかって、誰もがお手上げだった畑の岩を動かし、だんだんと周囲の人に認められていく。
    歴史的事実をもとにした、心温まる物語。

    【感想】
    電話を発明したことで有名なグラハム・ベルが、障害者の支援もしていたことを初めて知りました。左利きも、学習障害も、全く理解のない時代を生き抜き、困難と立ち向かい、才能を開いていく少年の姿は感動ものです。
    親兄弟にも理解されず、学校では愚か者扱いされ、全く希望されなかった人たちの苦しみが伝わってきて、涙が出る場面もありました。ちょっと前には、左利きを無理やり「治す」ことが、日本でも、私の身近な場所でもまかり通っていました。障害や個人の特性にたいする無理解が、どれだけ本人の心を傷つけるか、将来有望な若者の人生を台無しにするか…そんなことも、この物語を読んでいて考えされされました。
    登場人物の心の動きがよく描かれていて、その場面にいるような感じがしました。
    文字と音を結びづけて、文字を書くことが困難な状況が、よくわかりました。
    もし、私がこのような学習障害(ディスレクシア)であったら…物語を通して、自分とは違う特性を持った人の苦しみを知ることができ、考える事ができました。

    年齢を問わず、いろんな人に読んでもらいたい一冊です。
    そして、できることなら、この本に描かれている「理解のある人」のように、自分もいろいろな困難を抱えている人たちを理解できるようになりたいと思いました。

    投稿日:2017/03/14

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット