話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ミツバチぎんの おくりもの」 みんなの声

ミツバチぎんの おくりもの 作:西本 鶏介
絵:おぐら ひろかず
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年03月08日
ISBN:9784790253211
評価スコア 3.75
評価ランキング 38,851
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おじいさんのバイオリン弾きとミツバチの交流を描いた作品です。
    おしりに銀色の線があるので、ミツバチの名前はぎん。
    バイオリン弾きをまねて、羽でバイオリンの音を出せるようになるのですね。
    その練習の原動力が、短い命の残りをかけて、
    お世話になった花たちにお礼の音楽を届けたいとのこと。
    その誠実な生き方に感銘を受けました。
    ところが、志半ばにぎんは死んでしまいます。
    その死因もまた、ぎんの生き方そのもの。
    でも、その遺志は、バイオリン弾きによってかなえられるのですね。
    音楽が取り持つ交流が力強くもあります。
    小学生くらいからでしょうか。

    投稿日:2018/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ミツバチぎん

    志半ばで命が尽きてしまったミツバチぎんの気持ちを考えると無念であったと思いました。仲間を襲ったオオスズメバチに、ミツバチぎんが勇敢にもその背中に針を刺したまま死んでいたので、勇敢で最後まで仲間の仇をうっている姿をみて、心が痛みました。ミツバチぎんが花たちにお礼のバイオリンを弾かせる為に必死で練習したのは、代わりにひとりぼっちのおじいさんがバイオリンを弾いていたので、ミツバチぎんは、満足して旅立つことが出来たと思いました。とても感動した物語でした!

    投稿日:2018/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分なりに分析

    妻をなくしたおじいさんのバイオリン弾き・・・という設定からして、何か深〜いドラマが始まりそうな予感。
    と思ったのですが、あまりその設定は生かされていないような気がしました。

    自分なりに分析してみたのですが、孤独なおじいさんとミツバチの交流、というテーマとミツバチの命というテーマが微妙にぶれているというか・・・絞り切れていないような印象がありました。

    子供に死というテーマついて下手に隠さない、というのは良いことだと思います。
    その割にはミツバチがスズメバチに針をさして死んでいたというのはちょっとできすぎた話じゃないかなぁ?

    読みながら割り切れない思いが残りました。

    投稿日:2017/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット