新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

話題
トリック オア トリート!

トリック オア トリート!(くもん出版)

おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!

  • かわいい
  • 盛り上がる
  • 全ページ

くらやみのなかのゆめ」 みんなの声

くらやみのなかのゆめ 作:クリス ハドフィールド
絵:ザ・ファン・ブラザーズ
訳:さくま ゆみこ
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,480+税
発行日:2017年02月15日
ISBN:9784097266792
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,942
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夢の出発点

    本当の宇宙飛行士さんが書いた、実話絵本と知ってビックリしました。
    月に人が初めて降り立つところをテレビで見て、闇が怖かった少年が変わりました。
    それだけ宇宙の闇は魅力的だったのですね。
    夢をかなえたクリスさんは、未来の宇宙飛行士たちにエールを送っているようです。

    投稿日:2017/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢と現実を行ったり来たり

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    【あらすじ】
    カナダ人初の宇宙飛行士となった男性の、子ども時代のお話。
    暗闇が怖くてたまらない少年が、ある日、宇宙飛行士が月に着陸したテレビ放送を見て、変わる。今まではエイリアンが居て怖かった暗闇が、素敵な空間に。そして、少年は宇宙飛行士になる決心をする。

    【感想】
    少年の、怖がりっぷりがしつこくて、印象的だ。ご両親は少年がちゃんと一人で寝られるように、自律できるようになだめたり、すかしたりする。怖い時にベルを鳴らすようにしたが、あまりに頻繁にベルを鳴らされ、眠れないので、とうとう少年はベルを取り上げられた。この辺の前半の部分が、素敵だ。
    自分の子ども時代の事を思い出した。真夜中にふと目が覚めて、豆電球だけ灯っている部屋が、異空間に見えて怖かったこと。でも、うちは夜中にジジばばを起こすと激烈に怒られるので、結局、ひとりで頑張るしかなかったなあ。

    アポロ11号の、月面着陸や、宇宙飛行士の姿を見て、少年の意識が急に変わる部分が不思議な感じだった。あんなに怖がっていた暗闇が、怖くなくなるなんて、信じられない。人生の不思議なめぐりあわせを感じさせる。本当に、何が起きるかわからない。

    この絵本は、絵が文章以上に物語っている。言葉で表さなくても、絵をじっくり見ているといろんなことが伝わってくる。ぜひ、夜中に、じっくりゆっくり楽しんでもらいたい。雰囲気が出て素敵な体験になるよ。
    最後の方に、本人の写真がいろいろあって、「あの少年がこんなに立派なオヤジさんになって…」と感慨深い。犬のアルバートも一緒にいて、長生きしているみたいでおかしかった。いろんなところにつっこみどころがあって、楽しい。そして希望が与えられる素晴らしい一冊です。年齢問わず、ぜひお試しください。

    投稿日:2017/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本物の宇宙飛行士が月面に

    『THE DARKEST DARK』が原題。
    そう、つまり、暗闇が主題なのですね。
    カナダの宇宙飛行士による、実話のようですね。
    クリスは宇宙飛行士にあこがれる男の子ですが、
    エイリアン(!)の空想が過ぎて、夜の暗闇が怖くて眠れないほど。
    ところが、その恐怖が一転します。
    1969年、月面着陸のテレビ中継です。
    それが、宇宙飛行士の道を決定づけるのですね。
    良質の伝記としても読むことができます。
    小学校高学年くらいから、共感できると思います。
    宇宙の描写がとても美しいので、天体の勉強としても、いいですね。

    投稿日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢を実現するって、素敵!!です

    図書館閉館ぎりぎりだったので
    何気に借りてきた絵本でした

    絵本のカバーに

    クリス・ハドフィールド
    「夜のやみは、夢を生み出し、
    朝の光は、その夢を実現するためにある」

    素敵な言葉だなぁ〜

    と、くらやみが怖い男の子です
    あ〜、うちの息子と同じかも(笑
    まっくらに出来なかったし
    ひとりで寝るのに、何年かかったことか
    わんちゃんもいるのにね

    ん?
    カレンダーに「1969年」???
    もしかして、同じ位の年代の方の
    子どもの頃の本当のお話?

    あれ・・・
    エイリアンいるよ・・・

    お父さん、お母さんの対応も
    なかなかリアルです

    「闇」の捉え方が
    こんなにも変わるなんて・・・

    すごい「きっかけ」「気付き」

    うわぁ〜っ
    すご〜い!!
    絵なんですが
    宇宙の壮大さが伝わります

    ダンボールに入っている写真の絵
    うちの息子さんもあります(笑
    そんな普通の男の子が、ゆめの実現・・・

    すごいですねぇ

    作者について
    そして
    作者からのメッセージも
    と〜っても素敵です

    絵本を閉じると
    うわ〜っ、闇の中の地球!!!

    「夢に向かって」「宇宙」・・・
    とにかく、素敵です

    この作品、ほしいです〜(笑

    投稿日:2017/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット