INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

よるのねこ」 ママの声

よるのねこ 作・絵:ダーロフ・イプカー
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1988年
ISBN:9784477020037
評価スコア 4.36
評価ランキング 12,551
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 2年生の教室で読みました

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子18歳、女の子13歳

    夜の風景(シルエット)と実際のようすがわかる色鮮やかな絵が、交互に現れます。
    シルエットのページは、「何が見えるのでしょう?」といった問いかけの文章なので、子どもたちが口々に答えてくれて盛り上がりました。シルエットクイズですね。
    都心の学校のため「トラクター」は声が上がりませんでしたが、「スカンク」は知っている子がいました。
    読み聞かせではじめて読んだ本で、ただ淡々と普通に読んでいただけなのに、反応が良くてうれしくなりました。他のクラスでも読んでみたいと思います。

    投稿日:2015/11/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 光吉さんありがとう

    相変わらず光吉夏弥さんの本を読んでいます。

    黒を背景に色の使い方がとても美しい本で目を引きます。

    これを読むと、昼間のねこがどうして寝てばかりなのかわかるかもしれません。

    「なにがみえるのでしょう?」というシルエットクイズに、息子は元気よく答えていました。正解率もなかなかのものでしたよ。

    問いかけがあり、読者も参加できるので、集団での読み聞かせにも向くかもしれないと思いました。

    光吉さんの本を読むたびに、良い本を届けてくださってありがとう。と感謝の気持ちがわいてきます。

    投稿日:2009/07/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもたちに聞きながら進めても楽しそうです。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子24歳、女の子19歳

    今まで感想を書いたことが無かったんですね。
    すごくよかったです。
    「絵」で見せてくれる絵本だと思います。
    動物好き、特に猫好きの方にはたまらない可愛さと、楽しさがありますよね〜。
    光の無い夜の世界と、ねこの見えている世界が、交互に描かれているのが見ものです。
    子どもたちに読み聞かせするときは、参加型にしてみんなに聞きながら進めても楽しいかもです。

    投稿日:2019/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    夜ってなんだか怖い感じがするのに
    この本で見ると夜がなんだか不思議な世界に見えるから
    ちょっと夜を散歩してみたくなります。

    夜の風景(シルエット)と
    実際のようすがわかる色鮮やかな絵が、
    交互に現れるので、
    どうなるんだろうとワクワクしながら読めるので
    親子で楽しめました。

    投稿日:2019/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫は夜何してる!?

    このお話は、夜に猫が何をしているかを描いたお話でした。猫は夜通し友達の猫とあったり、色々な場所に行ったりして寝なくて楽しんでいました。でも、朝かえって来たら飼い主たちに「寝てばっかり!」と言われてしまいます。そんな猫ですが、そこがかわいらしく見える絵本でした。

    投稿日:2016/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫の目で見る夜の世界

    ねこの夜の散歩。人間が見える夜の暗闇と、猫の目で見る色鮮やかな世界が交互に描かれています。
    昼間、猫が寝てばかりいるのは、夜にいろんなものを見ているからなんだなぁと、妙に納得してしまいました。
    挿絵がレトロでおしゃれ。大人が見ても楽しめる絵本でした。

    投稿日:2015/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 確かに、傑作です!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    光吉夏弥氏の訳で全5巻の
    「傑作ねこの絵本」ということで
    「クリスマスのねこ」の次にこの絵本を・・・

    確かに!

    版画のような
    影絵のような

    真っ黒な夜の風景があり
    でも「ねこにはなんでもはっきり」見えるのです!

    なるほど〜

    ねこといっしょに
    夜の冒険が楽しめます

    色とりどりの絵がとっても素敵なんです
    もう1度ページを戻して
    絵の確認を楽しめます

    りーさんは、何にもわかってないんだなぁ〜
    怒られても平気なマイペースな感じは
    ねこは世界中同じなんですね

    投稿日:2010/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昼寝ている猫を見る目が変わっちゃいそう

     犬派の私ですが、このタイトルには惹かれました。
     いつも寝る時間になると、お百姓のリーさんは、時計を巻いて、猫を外に出してやります。
     1969年初版の作品ですから、ねじ巻き時計にも納得。

     さて、外に出たねこは、一晩中玄関の椅子の上でじっとなどしていません。
     猫には夜でもよく見える目があるのですから。

     ここから、人間の目に映る夜の風景と、猫に見える鮮やかな色合いの風景が、交互に見開きに現れます。
     読んでいて、お子さんと次ページの猫に見える風景の予想を考えるのも楽しそうです。

     長い夜の素晴らしい猫の冒険をのぞけた気分で、昼寝ている猫を見る目が変わっちゃいそうです。

    投稿日:2010/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がキレイ

    わたしが寝ている間、猫は何をしてるのかな…。

    たしか、前も同じような設定の本をみたような…。
    これは、作者が外国人なので絵は新鮮だけど、
    こどものウケはイマイチだった。

    絵がキレイで飾っておきたくなる感じ。
    大人目線な「アート絵本」かな?

    投稿日:2010/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜でもこんな風に見えているのですね。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    ねこはカラーでものを見ているのですね。
    おまけに夜の世界までも…。

    夜でもよく目が見えるとは知っていましたが
    こんな風に見えているとは想像したことがありませんでした。
    これなら昼間と同じ様に出歩けるわけですね。
    人とねこの視覚の違いがよくわかる工夫がされている絵本だと思います。

    投稿日:2009/02/25

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / でんせつの きょだいあんまんを はこべ / しろくまのパンツ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット