宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

つかまるわけないだろ!」 みんなの声

つかまるわけないだろ! 文:ティモシー・ナップマン
絵:シモーナ・チラオロ
訳:ふしみ みさを
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2017年04月12日
ISBN:9784198643898
評価スコア 4
評価ランキング 23,663
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ねこの知恵

    おじいさんねこは、とびっきり足のはやいネズミのジェイクを

    どうしてもつかまえることが出来ません。

    きつね・おおかみ・くまからも、

    「もうスピードで、かけだして、逃げ切ることができるのですから」

    ジェイクは、

    「つかまるわけないだろ!」と、いつも自慢してます。

    でも、おじいさんねこの知恵には、ジェイクもかなわなかった・・・・

    自慢ばかりしていると大変なことになる教訓になりました。

    投稿日:2019/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    足が速いのが自慢ねずみ。

    絶対的自信でちょっと威張っています。

    猫だけではなく、きつね、おおかみ

    そして熊からも逃げ切ります。

    なんてすごいんでしょう。

    みんなを挑発する姿は

    なんか笑ってしまいます。

    でも猫は馬鹿じゃないんですよね・・。

    知恵がありますから。

    最後はどうなっちゃうの?

    読んでいくうちに気づきますよ。

    投稿日:2018/11/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット