話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

ヨチヨチ父 とまどう日々」 みんなの声

ヨチヨチ父 とまどう日々 作:ヨシタケシンスケ
出版社:赤ちゃんとママ社
本体価格:\900+税
発行日:2017年04月25日
ISBN:9784870141261
評価スコア 4.77
評価ランキング 607
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • いちばん好きで、思い入れのある作品

    初めての子どもが生まれた頃、雑誌の連載で初回から読んでいました。
    ヨシタケシンスケさんを初めて知り、ファンになった作品でもあります。
    なんとなく読んでいたものが、「わかる、わかる!!」と思うエピソードいっぱいで、気付けば毎月の楽しみになっていました。

    特に共感したのが、お出かけのときの“メンテナンス用品”。新米パパだった夫に「これ!こんなに大変なんだよ」と見せたことがあります。
    「そっかー、そうだよね」と夫も共感し、「これ面白いね」と、それからは2人で読むようになりました。

    この作品をおすすめしたいのは、やっぱり新米パパ。育児の大変さも楽しさも、面白く描いてあって子育てに前向きになれると思います。
    そしてママたちにも…。「パパってこんなこと考えてるんだー」と、パパの気持ちを少し理解できるような気がします。あと、いつもイライラした表情のママに、自分も反省したり…(笑)。

    ずっと「本にならないかなー」と思っていたので、今回の書籍化は本当に嬉しいです。ちょっとした出産祝いに渡しても喜ばれそう。ヨシタケシンスケさんの作品のなかで、いちばん好きな作品です。

    投稿日:2017/04/05

    参考になりました
    感謝
    3
  • 父親アルアル

    父親はいつまでたっても発達途上なのだと実感させられる本です。
    父親は祖父になったときに初めて、父親業から解放されるのかも知れません。
    遠く昔に、やり直しのきかない過去を背負いつつ、悪戦苦闘したあげくに父親になった息子をみて、決して「ざまーみろ」とは思わない育父書のような本に、甘酸っぱくもほろ苦い人生を感じました。

    投稿日:2018/08/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • パパへ出産祝いのプレゼント 受賞レビュー

    新米パパの戸惑う様子を描いた作品。こちらでもヨシタケワールド炸裂です。
    クスクスと笑いながらも、我が家の子供達が小さい頃を思い出し、とても懐かしくてジーンとしてしまうシーンもありました。
    特に初めての出産の時は、私も余裕がなくて、よくパパにイライラをぶつけてたっけ。今思うと、パパも一生懸命、育児をがんばってくれてたんですよね。
    出産祝いに赤ちゃんやママへのプレゼントはありますが、そういえば、パパへの出産祝いってないなぁと、ふと思いました。この本をプレゼントしたら、新米パパの不安をちょっぴり和らげることができるかもしれません。
    「何より大事なこと」は、「あらゆることを犠牲にしてでも、睡眠時間を確保する」って、納得です。

    投稿日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • ヨシタケシンスケさんの子育てイラストエッセイ。
    ”父”の等身大な気持ちや、あるあるネタまで描かれています。
    良い意味で「こんなもんだよね」と気負わない気持ちにさせてくれました。子育てに疲れたとき、夜中にゆっくり読みたくなります。

    投稿日:2020/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちが軽くなった

    • ピーホーさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳、女の子1歳

    新米パパの戸惑いと本音にケラケラ笑ったり、わかるわかると共感し、ニヤニヤしながら読みました。
    おもしろいですね。
    育児本を読むよりも、この本を読み終わった後の方が気持ちが軽くなった気がします。
    図書館で借りてきたのですが、手元に置いて、子育てで悩む日々の息抜きに読みたいなと思いました。
    パパ目線での子育てってこんな感じなんだ。と新鮮で、うちのパパも共感するのかなと思い、勧めました。ヨシタケサンガ、こんなに戸惑い、苦労してるとは思いませんでした。
    新米パパさんたちにぜひ読んで欲しい本です。

    投稿日:2019/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 育児

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

    ヨシタケシンスケさんの育児ものということで、興味を持ちました。
    新米パパさんママさんが読むと心が軽くなるのでは?
    パパさんの気持ちがストレートに書かれていますねー。こんなこと書いてしまって奥様に怒られないのかしら(笑)?
    でも、この正直な気持ち、わからないでもないですねー。
    眠いけど、眠らずに泣き叫ぶこどもに「ねたいなら、はやくねればいいのに」とか、私自身思ったことあることがいろいろで共感できました。

    投稿日:2018/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヨチヨチ母

    私の夫は、なんだかもう娘が赤ちゃんだった頃から
    大変なイクメンなので、この本に描かれているヨチヨチ・・は
    むしろ私の方です。ヨチヨチ母です(笑)。
    とても共感できます。
    しかし、ヨシタケさんってすごく子どもの心を掴む絵本を
    作っているので、こんなにヨチヨチだったとは!?
    と、意外に思いました。もっと余裕な父かと思っておりました。
    これからも、お互い、一生ヨチヨチしていきましょう。

    投稿日:2017/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑った!

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    お父さんの視点で、赤ちゃん育児のことが描いてあり、すごーくおもしろかったです。
    情けないお父さんぶりを、隠すことなく、そしておもしろおかしく描いているのは、さすがヨシタケさんだと思います。とても細かいことだけれど、「そうそう!」と共感することが多く、着眼点がさすがだなと思います。産後の夫にイライラしていたころにこの本を読んでいたら、少しは和めたかも・・・と思いました。産後のお母さんには、育児本より、こういう本がおすすめかもしれないです。

    投稿日:2017/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父ちゃんってそうだったのか!

    父ちゃん成り立ては
    こんな戸惑いがあったんだ!
    こんな風に思ってたんだ!
    と面白く楽しんで読めるエッセイでした

    新生児が家にくるまえに
    ぜひ世の中の男の人によんでほしいです
    (こんな風に戸惑うこといっぱいあるから、と
    過去の自分にも読ませたいです)

    投稿日:2017/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヨチヨチ父の本音

     漫画のようなタッチの絵が、おもしろいなと思いました。ヨチヨチ父の本音に、クスッと笑ったり、しみじみしたり、!?とつっこみたくなったり、、、。子どもやママへの愛情をかんじました。
     
     男性目線の子育ては、やっぱりママとちがうところもありますね。
     たくさんのヨチヨチ父に読んでもらいたいな、と思いました。「とまどい」が少しでも減るといいです。出産のお祝いにも、ぴったりの絵本です。

    投稿日:2017/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット