虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

つるつるしわしわ」 ママの声

つるつるしわしわ 作・絵:バベット・コール
訳:かねはらみずひと
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1996年
ISBN:9784593503629
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,284
みんなの声 総数 8
「つるつるしわしわ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 哲学的なのに楽しい絵本でした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    ネットで検索していてこのタイトルを見たとき、なんて面白いタイトルなんだろうと、気になって探してきました。
    内容は面白おかしく描いてありますが、意外と哲学的な話でした。
    誰だって年を取るし、若い頃にはひとりひとりいろいろな思い出や経験をしてきたのだ。と、今子どもである読者たちに訴えてるようです。

    私は最後の方のページで、現在の年に近づいてきたおじいちゃんとおばあちゃんのセリフのやり取りが好きです。

    《としをとるにつれて しわもふえてねえ》
    《ふたりとも いればのおせわ》
    《おじいちゃんは とうとう つるっぱげ》
    《ものわすれも おおくなったよなあ》
    《ふたりもと ちょっと せがちぢんだが……》
    《はらはら どきどきは やめられないな》

    投稿日:2011/05/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 人に歴史ありでした

      サブタイトルの「としをとるおはなし」を見て、タイトルの“しわしわ”は解ったけど、“つるつる”は ? でした。
     表紙絵のおびただしい数の鳥は、鶴には見えないしな〜なんて考え、読んで納得、頭でした(笑)。
     じゃ、この表紙絵の鳥は、読んでお楽しみっていうことで。
     
     孫たちの、
     おじいちゃんも おばあちゃんも 
     どうして そんなに 
     つるつるで しわしわなの
     の問いかけから始まります。

     おじいちゃんとおばあちゃんは、ここから自分たちの生育歴というか、これまでの人生を振り返ります。
     
     絵が激しくユーモアたっぷりで楽しい。
     息子は、“いろんなことをして あそんだのよ ”のページがお気に入り。
     私は、“パーティもあったな”の絵が好き。
     
     それにしても波瀾万丈な二人の人生。
     でも、いつも一緒。
     人に歴史ありでした。

     ラストは、ここまでやる?っていうちょっと驚きです。
     そして、大爆笑のおちへつながっています。
     
     この老夫婦の息子の嫁、つまりはじめに問いかけた孫たちのお母さんて、いったい何者なんだろう。
     とっても気になります(笑)。
     
     高学年以上でないと笑えないユーモアが多い作品かと思います。

    投稿日:2010/01/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 命の絵本

    このお話は、人が生まれてから老いるまでをお描いてある絵本でした。なかなかこのような題材の絵本はないのでとっても良かったです。私もこの絵本をお読み終わった後で、子供に自分の小さかったころのお話を絵本のようにして楽しんでいました。

    投稿日:2012/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • バベット・コールさん

    私は自分が学生の時からずっとバベット・コールさんの作品が大好きで注目してきました。またバベットさんの絵本と再会し読める事はとても幸せを感じました。作者のユーモアのセンスのある文章と絵にとても感激しました。主人公のお爺ちゃんも御婆ちゃんもとても人生をエンジョイして孫にも堂々と自分達がどうやって生きてきたのかを説明している姿がかっこ良かったです。私も主人公のお爺ちゃん達の様に孫の世代にまで自分の人生を堂々と説明できるように生きたいと思いました。

    投稿日:2008/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアあふれる絵本

    とてもユーモアのある絵本です。
    ハチャメチャすぎて、息子と笑い転げながら見ていました。
    表紙のつるっと毛の無いのにわとり(七面鳥?)を見たときに、こ…これは…と怖いもの見たさで思わず手にとってしまったのが始まり。
    おじいちゃん、おばあちゃんが年をとるまでの話を描いてあるのですが、絵がおかしいのです。  たとえば、、、
       「あかちゃんが片足で立てるようになって」のフレーズの挿絵
       →ヘビの上に片足で立っている
       「がっこうへ行った」というフレーズの挿絵
       →かいじゅうががっこうをバリバリ食べている
    といった具合です。
    たまには笑える絵本を!と思っている方におススメ。

    投稿日:2007/03/04

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット