新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

あかちゃんごおしゃべりえほん」 ママの声

あかちゃんごおしゃべりえほん 作・絵:かしわら あきお
監修:小林 哲生
出版社:主婦の友社
税込価格:\1,320
発行日:2017年04月07日
ISBN:9784074222735
評価スコア 4.28
評価ランキング 18,645
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ポップでかわいい!

    9ヶ月の姪にプレゼントしました。

    赤ちゃんにも認識しやすいポップな色使いで
    何と言ってもかわいい!

    姪も興味津々で、指を指して喜んでいました。
    ページ数もたっぷりあるので、パラパラめくっているだけで楽しめます。

    内容も簡単なものから、少し複雑なものまであり、長く楽しめる一冊だと思います。横にいた2歳の息子も楽しそうに読んでいました。

    投稿日:2017/04/20

    参考になりました
    感謝
    3
  • 発想がおもしろいですね!

    赤ちゃんが早く言えるようになる言葉を集めた絵本です。
    その発想があったとは!
    とてもおもしろいです。
    これから出産する友達へのプレゼントにピッタリだなと思いました。
    子どもたちも楽しいようで、赤ちゃんがえりのようになって聞いています(笑)。

    投稿日:2017/04/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • なるほど〜

    あかちゃんの目線にたったことばえほん。
    おもしろい発想だなって思いました!
    今でこそ、よその赤ちゃんに対しても、自然とあかちゃんごで喋れますが、娘があかちゃんのときは、娘に教えられることも多かったなって思い出しました。
    巻末の「あかちゃんが早く言えることばランキング」は、「ことばがおそい…」と悩んでるママさんのつよいみかたになりそうです!

    投稿日:2017/04/17

    参考になりました
    感謝
    2
  • イメージしやすくて良いかも!

    今度生まれてくる子供用にすごく良いなって思いました。赤ちゃんが生まれてから3歳になるくらいまでに徐々に覚えていく言葉がこの本には詰まっていて、本の数ページで終わらないところも気に入りました。いろんな言葉が次々と登場して、その言葉に関係している事が次のページに出てくるし、とっても絵が鮮やかで可愛らしいので赤ちゃんが見ても楽しいかもって思いました。長く使えそうだし、とっても可愛らしい絵本だし、赤ちゃんが言葉と絵を通じてしっかりと言葉と意味を覚えてくれそうですごく素敵な絵本だなって思いました。出産祝いにもすごくおすすめだし、本当に喜んでもらえると思うのでオススメです。

    投稿日:2017/04/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • 親しみやすい

    読みはじめてすぐに2才の子どもが興味津々、絵本にぐいぐい近寄ってきました。じーじ、ばいばーい、ぶーぶー、ちゅるちゅる、おいしい等々 いつも子どもが使っている言葉ばかりで親しみやすいのか、私が読むと子どもが絵を指差して真似して読んでいました。
    もう一回!もう一回!と何度も読んでほしいとせがまれるほど。お気に入りの一冊になりそうです。

    投稿日:2017/04/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • あかちゃんにぴったり!

    言葉をまだちゃんと覚えていない赤ちゃん時代は,短い言葉からも色々なものを連想させているのだぁと感じられる絵本でした。
    連想ゲームのような楽しい絵本でもありました。
    色鮮やかなイラストに,文章は短い言葉のみ,まさに「あかちゃんごおしゃべりえほん」ですね!

    投稿日:2017/04/14

    参考になりました
    感謝
    2
  • おしゃべりしながら

     あかちゃんが、話しはじめる言葉がならんでいます。
     あかるくて、動きのある絵がたのしいですね。ページをめくるたび、ワクワクします。ページ数がたっぷりですが、言葉がつながって、お話になっているのが、おもしろいなと思いました。
     あかちゃんが、少しずつ言葉を話しだすのは、ホントにカワイイです。

     ママが読んであげると、すぐに覚えてしまいますね。好奇心いっぱいのあかちゃんと、いっぱいおしゃべりしながら、読んであげたいです。

    投稿日:2017/04/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • 簡単な赤ちゃん用語が繰り返し出てきて、数年前のことですが、親目線でみると懐かしい気持ちになりました。うどんを「ちゅるちゅる」、いぬを「わんわん」、ねこを「にゃあにゃあ」と書いてあり、タイトル通りです。ファーストブックにちょうど良さそうです。

    投稿日:2017/04/14

    参考になりました
    感謝
    2
  • わかりやすい絵と言葉

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    ちょうどお話を始める1歳半くらいからの赤ちゃんが言える言葉がたくさん詰まった本です。自分が言える言葉が出てくるのは、赤ちゃんにとってうれしいかもしれませんね。親と一緒に口に出しながら読むのも楽しいかもしれません。絵もはっきりした色使いで、わかりやすいと思います。

    投稿日:2017/04/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 頭のいい子になるかしら?

    まず、表紙に「頭のいい子を育てる」というコピーがありますが、
    実際のところはどうでしょうか。

    私は、
    赤ちゃん語を使わないほうが頭の良い子になる、
    という育児書を読み、
    あえて、赤ちゃん語を使わないで息子を育てました。
    (本のタイトルは忘れました。育児書は図書館で借りて乱読したので)

    「まんま」ではなく「ごはん」。
    「じいじ」「ばあば」ではなく、おじいちゃん、おばあちゃん。
    というように。
    普通の言葉でたくさんたくさん話しかけ、
    そして普通の子ども向けの絵本をたくさん読みました。
    とにかくたくさん読みました。

    1歳7カ月から単語を言い初め、
    1歳10か月で3語文。
    そこからの伸びはすごかった。親も驚愕するほどに言葉を話しました。
    2歳過ぎには保育園の先生に「ものしり博士」と呼ばれるほどに、
    語彙や知識がありました。
    最後のページに、2歳〜3歳のころに、「わんわんいたね」という例が出ていて驚きました。
    2歳〜3歳児なら、「いぬ」と言ってよい年頃だと思いますが。

    赤ちゃん語を使って、頭の良い子になるのかならないのか、
    私は教育者ではないので、断言できません。
    でも、使わないで子育てしてきて、
    今2年生ですが、かなり頭の良い子に育ってますので、
    使わない子育てしてよかったなとは思っています。

    投稿日:2017/05/08

    参考になりました
    感謝
    1

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / いいこってどんなこ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.28)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット