へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

どんぶらこっこ すっこっこふつうだと思う みんなの声

どんぶらこっこ すっこっこ 作:村上 ひさ子
絵:丸木 俊
出版社:福音館書店
本体価格:\362+税
発行日:1999年
評価スコア 3.75
評価ランキング 34,022
みんなの声 総数 3
「どんぶらこっこ すっこっこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もう少し変化があるとよかった

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    題名を見ただけで借りてきました。
    “どんぶらこっこ すっこっこ〜”は、我が家では耳にとても馴染みの良い、昔話に必須のフレーズなのです。
    さあ、どんな“どんぶらこっこ・・・・”なのかしらとワクワクして読みました。
    でも、残念なことに、ちょっと中途半端な感じでした。
    大雨に流されてしまう木の根っこが、中の穴に住んでいるネズミと共に旅を続け、最後に別の地にたどり着くまでを描いているのですが、旅にあまり変化がなく、途中で飽きてしまうのです。
    一緒に読んでいた次男は、“どんぶらこっこ すっこっこ〜”というフレーズが出てくると、本の方に顔を向けていたのですが、最後にはどこかに行ってしまいました。
    途中で木の根っこに乗ってくる動物がもっといたら、繰り返しの魅力で楽しめたかもしれません。
    丸木俊さんの絵はとても素敵なので、ちょっと残念でした。

    投稿日:2006/09/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット