もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ゆきのなかのりんご」 みんなの声

ゆきのなかのりんご 文:フェリドゥン・オラル
訳:伏見 操
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\2,300+税
発行日:2017年02月
ISBN:9784835454450
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,144
みんなの声 総数 3
「ゆきのなかのりんご」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほっこりしました

    寒い寒い雪の日に、お腹を空かせたうさぎが、林檎が一つまだ木に残っているのを見つけました。、ねずみ・きつね・くまに協力を求め、木から林檎を手に入れて、4匹仲良く分けて食べました。よく熟れたしゃきしゃきの林檎のおいしかったこと!くまの巣穴に入り、体を寄せ合ってぐっすり眠ったお話でした。4匹が幸せそうに眠っているのをみてほっこりしました。

    投稿日:2019/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み手が問われる?

    うさぎがみつけたりんごをとるために、ねずみ、きつね、クマたちが協力します。

    ねずみやきつねはずる賢いからなぁ・・・。
    クマはちょっとコワイかもなぁ・・・。
    なんて思いながら読みました。
    そしたら、なんと単純な終わり方!

    ひねりがなさすぎ!と思いましたが、それは私自身が毒されすぎているのかも。
    他人の親切を素直に受け取ることのできなくなっているのかな。
    読み手が問われているような気がしました。

    投稿日:2017/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪の中に、真っ赤なリンゴが木の枝に残っています。
    寒々しい風景にリンゴだけが赤くてまぶしい絵が続きます。
    リンゴを見つけたうさぎさんは、ねずみやきつねやくまさんまで呼びかけて、一緒にリンゴをとろうとします。
    寒さの苦手な動物たちが、助け合って取ろうとするリンゴですが、緊張感たっぷりです。
    グリム童話やイソップ物語だったら…。
    そう思うと、とても素晴らしい結末でした。
    お話も絵もお薦めです。

    投稿日:2017/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おむつのなか、みせてみせて!』10万部突破記念! ヒド・ファン・ヘネヒテンさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット