宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

だれのこどももころさせない」 ママの声

だれのこどももころさせない 文:西郷 南海子
絵:浜田 桂子
出版社:かもがわ出版
本体価格:\1,600+税
発行日:2017年04月30日
ISBN:9784780309027
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,746
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 平和への願いと大きな優しさに包まれる絵本

    • sunnyさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子1歳

    絵を描かれた浜田桂子さんの一枚一枚に込められた想いや解説を聞き涙が込み上げてきました。シリアやパレスチナ、広島のこどもたち、沖縄の文子おばあをイメージして描かれた絵もあるそうです。
    だれのこどももころさせたくない、ママの心からの真っすぐな祈りが伝わってきます。
    決しておどろおどろしくなくとても大きな優しさに包まれて安心する絵本です。
    物分かりのいいふりはしない、お母さんは戦争させないよ、とこどもに伝えていきたいです。
    巻末の西郷さん、浜田さんからのメッセージは必読です。
    この絵本がたくさんの人に届きますように。世界中のどのこどもも安心して眠る夜がやってきますように。

    投稿日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝ちゃうなんてもったいない!? 『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット