話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

かしてあげたいな」 その他の方の声

かしてあげたいな 文:八木田 宜子
絵:長 新太
出版社:絵本塾出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2017年04月13日
ISBN:9784864841139
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,756
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんか良い!

    全ページためしよみで、読ませていただきました。
    なんだかいいです。
    温かな気持ちになります。子どもたちも、ニコッと微笑みながら聞いてくれそうな気がします。
    長身太さんの、絵もとても素敵です。
    シンプルで、色も、きれいで…
    おすすめです。

    投稿日:2017/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • かしてあげる こんな気持ちが 優しいですね
    フォークをねずみにかしてあげたら  ねこがいじめたら フォークで えいっ!  この場面だけがちょっと異質でした

    てぶくろのリスのブランコなんかすごくステキ
    みんな 貸してもらって 喜んでいるのに・・・・・・ 

    ラストのぞうにみんなも乗せてもらうところなんか いいですね

    やっぱり ねずみのフォーク何とかならなかったのかしら 
    ハッピーなお話だけに 気になりましたが 皆さんは どうでしたか??

    投稿日:2017/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しくて温かい気持ちに

    優しくってかわいくてほのぼのしました。
    長新太さんの絵もいいですねー。
    次々といろんなアイディアがうまれて楽しいし、優しい心も育まれるだろうな〜と思える素敵な絵本なので、お話し会で紹介したい!と思いました。

    投稿日:2017/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発想力が養われる絵本

    「かしてあげたいな」の絵本は、大人の自分が読んでもおもしろい作品です。動物たちにモノを貸したあと、どういうかたちで使っていくのか、ページをめくるごとにうきうきしてきます。発想力も養われるため、この絵本を読むだけで創作意欲がわいてきます。

    投稿日:2017/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  •  可愛らしさと、貸したものの使われ方の意外性と楽しさで、ほっこりする絵本でした。

     ぼくは、ぼくのものを次々に動物たちに「かしてあげたいな」と考えます。「だって、こんなことができるんだよ〜」と。

     スプーンは、てんとうむしのすべりだい。
     てぶくろは、りすのぶらんこ・・・。。

     幼い子にとって、「かしてあげる」ことは実はたいへんなこと。きょうだいの間でも、友達の間でも「貸す、貸さない問題」(!)は社会への第一歩。大人は子どもが「かしてー」「いいよー」と言えるように心を砕きます。

     こんな可愛い形で「かしてあげる」を知ることができたらうれしいですね。相手のうれしさが、自分の喜びでもある ということが、この絵本を読むことで すーっと入ってきました。「かしてあげたいな」と言っている男の子の優しい笑顔が印象的です。

    投稿日:2017/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうぶつたちが愛らしい

    なんて可愛くて、優しい絵本なんでしょう!
    自分の持っているものを、どうぶつたちに貸してあげたい…と想像する男の子。
    貸してあげると、どうぶつたちは…。
    本来の使い方とは異なる方法で、男の子の持ちものを嬉しそうに使うどうぶつたちが愛らしいです。
    ページをめくるごとに、キュン!としてしまう絵本です。

    投稿日:2017/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼い子供が、自分物を「はいどうぞ」と差し出すとき
    決まって満面の笑みで貸してくれる、
    相手が喜ぶことを知っているから・・

    貸してあげたらきっと喜ぶよ
    やさしくて、わくわくした気持ちがいっぱいの本です。

    おとなが読むと「なんで?」という箇所がいくつもあって
    そのうらぎりが 心地よいです。

    もちろん
    こどもが読むと「なんで?」とは思わない
    「そうそう、そうおもう」と共感するでしょう。
    「かしてあげる」という言葉が、呪文のように気に入る事でしょう。

    おとなの私はなぜ「なんで?」と思うのかしら?と
    何度も読み返してしまいました。

    投稿日:2017/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせ会に良さそうです

    長さんの絵本は、とてもナンセンスなものもありますが、この作品は他のかたが文を書かれていることもあって、とても分かりやすい内容です。

    いろんな動物に貸してあげたらよろこそうなものが出てきて、いわゆる繰り返しの絵本なのですが、長さんの鮮やかな絵の良さが光っています!

    子供たち楽しんで読んでくれそうです。

    投稿日:2017/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / いいこってどんなこ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット