かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかんの試し読みができます!
作: ふくいりえ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
登場人物が飛び出てくる!? 不思議な図書館のものがたり、はじまります!

九月姫とウグイス」 その他の方の声

九月姫とウグイス 作:サマセット・モーム
絵:武井武雄
訳:光吉 夏弥
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1954年
ISBN:9784001100402
評価スコア 4.38
評価ランキング 11,733
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 好きな人のしあわせ

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     シャムのお姫様のお話。
    エキゾチックで温暖な、南の空気を含んだえほんです。
    お話は夢と現実、あの月と六ペンスのサマセットモーム詩伯、
    絵は童画の父、武井武雄画伯。

     一羽のオウムを亡くした末娘のお姫様が、
    一羽のウグイスの美しい鳴き声に助けられ、
    やがてそれは誰にも独占できない自由というものだと
    一人気付かれるのです。

     相手のことを気遣うと簡単に大人はいうけれど
    業の深い人間です、葛藤をしているあなたはいませんか。
    このえほんを読みながら、こころを洗い流しましょう。

     サマセットモームの現実に、感謝。
    武井画伯の空想に、感謝。

    投稿日:2019/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忘れられない絵本

    子どもの頃読んで、外国の雰囲気あふれる絵が大好きになってしまいました。当時、おひめさまものといえば、ヨーロッパ。タイの衣装や宮殿がめずらしくて、とっても新鮮で素敵に思えたものです。
    大人になって読みなおしてみると、なかなかストーリーも強烈です。お姉さんたちのラストは、なんだか、かわいそうなくらい。
    でも、お話の核となるウグイスと九月姫とのやりとりは、深いものがありました。そして、やっぱり、すばらしい絵はちっともかわっていませんでした。

    投稿日:2015/05/07

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット