宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

チュウとチイのあおいやねのひみつきち自信を持っておすすめしたい ママの声

チュウとチイのあおいやねのひみつきち 作:たかお ゆうこ
出版社:福音館書店
本体価格:\1,400+税
発行日:2017年05月15日
ISBN:9784834083392
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,242
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい ママの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 青い屋根の秘密

    ひみつきち、に惹かれました。
    野ネズミの兄弟、チュウとチイのお話です。
    山のおばあちゃんから、お泊りにおいでと誘いがあり、
    二人で出かけるのです。
    え?バスに乗る?
    なあるほど。
    無事に到着して一泊、次の日が林での冒険、ということですね。
    野原での意外な展開に、青い屋根の秘密が。
    この視点、素敵です。
    お友だちもできて、自然を満喫です。
    なにより、子どもだけでの世界、あこがれです。
    やや長いお話ですので、小学生くらいから、
    一緒にワクワクしてほしいです。

    投稿日:2019/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 題名からわくわくします!

    小学校2年生の娘が一人読みしました。
    表紙のイラストもとっても可愛らしく,「あおいやねのひみつきち」という題名。
    「ひみつきち」と聞いただけで何だかわくわくしてくる絵本です。
    とても楽しんでよく見入って読み入っていました。
    素敵な素敵なひみつきちですね。

    投稿日:2018/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット