もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

たべものはどこからやってくる?なかなかよいと思う みんなの声

たべものはどこからやってくる? 作:アゴスティーノ・トライーニ
訳:中島知子
出版社:河出書房新社
本体価格:\2,000+税
発行日:2017年07月05日
ISBN:9784309278308
評価スコア 4.42
評価ランキング 10,545
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • グローバルです。

    良くも悪くもグローバルな食育絵本です。
    日本ではあまり馴染のない食物や栽培方法などが登場するので、
    小さな子がそのまま勉強になるかというと、ちょっと違うかも。

    我が家は田舎にあり、田んぼも畑もそこかしこにあります。
    食物の成長の様子も日常的に見られます。
    漁港も養鶏場も養豚場もあります。
    猟銃で仕留めたイノシシ肉をいただく機会もあります。
    だから食育絵本がなくても息子はある程度の知識はあります。

    しかも繰り返しですが、この本はグローバルな食育絵本です。
    日本では、水の張った田んぼに直接種をまくなんてことは聞いたことがないです。
    苗床に種をまいてある程度成長した苗を植えます。
    いわゆる田植えです。
    白い米をサイロで保管する絵もありますが、
    日本では、もみ殻ごと、もしくは玄米で保管です。
    うちの地域では米袋を倉庫に詰んで保管してます。

    トウモロコシを収穫するとき、
    葉っぱも茎も、トウモロコシも黄色だけど、
    私の地域では全部緑色のままです。
    黄色になっちゃったやつを収穫するのは、種用か、ポップコーン用かしら。
    他の国ではこうなのかしら。

    漁のシーンでは、追い込み漁とか囲い込み漁というのかな。
    マグロだけですし。
    私の地域では網漁が基本です。
    その次に多いのが一本釣りと素潜りです。

    そんな感じで、日本、もしくは私の地域との違いに気づかされながら読みました。
    子どもに食物はこうできるんだよと、
    そのまま伝えることができないけど、
    ただ、何だかこの本、ごちゃごちゃしていて楽しいのです。
    子どもはこういうの大好きなんですよ。
    「外国では、こうやって米を作るんだねー」
    「うちの地域ではこうだよねー」
    なんて会話を楽しみながら読むことになりそうです。

    投稿日:2017/07/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • イタリア発

    絵本の形態ですが、物語風の図鑑、といった印象です。
    穀物、果物、野菜、調味料、牛乳、魚、肉など、
    おさんぽスタイルで探求する趣向です。
    作者がイタリア人のため、イタリア目線の知識になります。
    米作りも種の直播ですし、野菜類の種類も日本とは異なりますので、
    日本規格での調べ学習には不向きです。
    でも、日本とイタリアの違いを感じるにはいいかもしれませんね。
    食文化の豊かなイタリア発の作品、その思いが伝わってきます。

    投稿日:2019/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルで楽しい☆

    子供が大好きな食べ物を中心に、大人でも『へぇ〜』と思うようなことも全部カラフルで楽しく解説!
    最初は1ページ1ページいろんなところを観察しながら子供と一緒に読んで、その後『もっかい読んで〜』にお断りすると一人でじぃーっと真剣に見つめながら読んでいました。まだ字はわからないけど、細部まで沢山の絵が盛り込まれているので引き込まれているのが見て取れました。
    子供向けの絵本はなかなか単純な絵が多かったりするので、4歳でもうこんなに沢山の細かい絵に集中できるんだな〜と感心。
    今お家にある本より少し大きい子向けの本に替えていってもいい時期なのかなぁと思いました。

    お気に入りの1冊になったようで何度も『読んで 読んで〜』の嵐です(笑)
    絵本の言葉を覚えて私が読む前に教えてくれたりもします☆
    なんだか成長を感じれる良い本に出会えたなぁと嬉しく思っています。

    投稿日:2017/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  •  カラフルで楽しそうな絵本ですが、たくさんの情報に圧倒されました。子どもが一人で読むよりも、大人と一緒に 話をしながら読むのが良いと思います。知っている食べ物、知らない食べ物、好きな食べ物、嫌いな食べ物・・・。いろいろでてきて、きっと話は尽きないことでしょう。

     そんな中から子どもは、食卓の上、あるいはお店に用意された出来上がった「ごはん」や「食材」としてしか見ていなかったものを、もっと深く知るようになります。視野が広がり、物事を考えるきっかけになりますね。

     ちょうど、夏休みが始まったばかり。小学生だったら、この中のいくつかを取り上げて、自由研究のテーマにしても面白いと思います。生きることに欠かせない「食べ物」のことについて知ることはとても大事だし、「食べること」はきっと好きでしょうから、興味をもって取り組めるのではないかしら?

    投稿日:2017/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    たべものはどこからやってくるか?
    その疑問に答える旅に出発!
    日々、食べているお米、パン、くだもの…等々がどうやってつくられ、どうやって市場に運ばれ、どうやって私達のもとにやってくるのかといったことがわかりやすく書かれています。
    たべものも旅して、私達のところへ来てくれているんですね。

    投稿日:2017/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • イタリア編

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子15歳

    田植えをしないで種まきをしている稲作の様子が載っていて、今まで知らなかった方法だったので、ちょっと驚きました。
    著者がイタリアの方であることを確認して、納得。
    ポレンタもウチワサボテンもトレビスもダチョウも食べたことがなく、興味がわきました。
    ただ「たべものはどこから〜」というテーマで子どもが読むと、混乱するかもしれないです。
    「イタリア編」だと知った上で、日本と比較したりすれば楽しめます。

    投稿日:2017/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べ物辞典

    普段私達が食べている物が一体どこから来たのかを、びっしり細かく書き込まれた絵と文章で教えてくれます。
    牛乳、穀物、野菜、果物、魚、そしてお肉は部位の説明まで!
    海外の本なので、日本ではあまり馴染みのない食べ物もチラホラ登場します。(ポレンタ、トレビス、シュトゥルーデル等)
    食べ物が出来るまでを説明した科学絵本は数多くありますが、こんなに幅広く食べ物全般について書かれた絵本は珍しいのではないでしょうか。
    スーパーで加工された物しか目にする事のない現代の子供達にとって、自分達が食べている物の元々の姿を考える良いきっかけになるのではないかと思います。

    投稿日:2017/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食育絵本

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    全ページためしよみで読みました。

    作品名通り、食べ物がどこからやってくるのか分かり易く書かれています。日本に馴染みのない物も結構出てきますね。
    我が子達にはまだちょっと難しそう。細かくて読んであげるのも大変そうなので、小学生以上が読むのに良いと思います。

    投稿日:2017/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 細かな楽しい絵とわかりやすい文章

    フーディという名のコックさんは、おしゃれでイタリア人っぽいですね。
    ねこやフライパンたちと一緒に、見学に行くという設定も楽しいです。
    明るいポップな色調と、かわいいイラストです。
    細かな楽しい絵とわかりやすい文章で、
    いつも口にしている食べ物がどんな風に作られているのか、
    興味を持つ初めの一歩になると思います。
    私は、ハチミツ、コーヒー、チョコレートのページが一番好きかな?
    全ページお試しで、ゆっくり読ませていただきました。

    投稿日:2017/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • こうやって来るんだね。

     絵が細かく描かれていて、一つずつ見るのが楽しかったです。所々に小さい生き物たちも登場していて、ページをめくるたびに探しながら読みました。もちろん「たべものはどこからやってくる?」の疑問に対してもわかりやすく描かれています。毎日何気無く食べている食べ物のありがたさを思い出しました。好き嫌いのあるお子さんにもおすすめの本だと思います。読んでいたらお腹がすいてきました。さあ、夕御飯作らなきゃ。今夜は何にしようかな。

    投稿日:2017/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ / はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット