あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!

たべものはどこからやってくる?自信を持っておすすめしたい みんなの声

たべものはどこからやってくる? 作:アゴスティーノ・トライーニ
訳:中島知子
出版社:河出書房新社
本体価格:\2,000+税
発行日:2017年07月05日
ISBN:9784309278308
評価スコア 4.42
評価ランキング 10,545
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 見てるだけで興味が出てくる

    まずは絵がすごくかわいいので読んでみたいと思いました。
    そして、食べ物の成り立ちをおもしろく読めるならばと思い
    見てみました。
    漫画みたいな感じで気軽に眺めるだけで楽しい気分になれました。
    こどもも、可愛い絵と、手の込んだ絵の描写に食い入るように見ていました。
    見ているだけでも楽しいですが、親子で食べ物のことを確認しながら読めるので、こどもの食育にいいなと思い、ぜひ、手元に置きたいと思いました。

    投稿日:2017/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ためになる、たべたくなる☆

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、女の子4歳

    子供も大人も読みやすくって楽しい!
    食べ物がどこからきているのか、
    視覚的にざっくり理解できちゃう絵本です。

    ポップなイラストが大判の絵本いっぱいに。
    道は続いていて、愉快な気分です。
    可愛いコックさんと
    その材料の産地はどこか確かめていけます。
    きっとたくさん会話して
    夕食やランチに登場させたらまた続きます。
    絵の中の続く道みたいに
    絵本効果も長〜い!
    楽しみや記憶も長持ちしそうな絵本です☆

    投稿日:2017/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • それはそれは長い道のりを

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    食べ物が私たちの口に入るまでにどんな過程を経てきたのか、とても詳しく分かりやすく描かれていて、すごく勉強になりました。
    種まき機で稲のたねを蒔いていたり、私が知っている田植えとは違っていて、こういうやり方もあるんだ〜とびっくりしました。チーズができるまでもすごく面白かったです。日本との違いを探しながら読むのもまた楽しかったです。

    本の隅から隅までにたくさんの情報が満載で、読みごたえたっぷりでした。息子は読んでる途中で気が散ってしまいましたが、どんな食べ物でも、美味しく食べられるようになるまでには、いろんな人の苦労や努力があることは分かってくれたと思います。
    おいしい食べ物が食べられることへの感謝の気持ちを教えてくれる絵本でした。

    投稿日:2017/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • コックのフーディーが食べ物の世界を案内してくれます。
    フーディーってお名前、もしかして食べ物「フード」から名付けられたのかな?、可愛いなぁと思いました。
    穀物を育てて収穫して加工するところ。果物が実ってお店に並ぶところ。乳製品はどんなふうにできるのか。
    細かな細かな部分まで詳しく描かれていて、読み応えたっぷりの絵本です。
    食は生きていくために必ず必要なことなので、やっぱりそれぞれの原点を知るっていうのはとても大切なことだと思います。
    この本は大人でもヘェ〜と思う情報がたっぷり!
    可愛いイラストで読んでいて最後まで飽きないし、楽しみながら学べるので、食育にピッタリだと思います。親子でも一緒に楽しく学べると思います。
    この本を読むと、食べ物について物知りになって、お友達に自慢できそうですね☆

    投稿日:2017/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何気なく毎日食べているもの

    ページをひらくなり にぎやかで楽しそうな絵でいっぱい!
    タイトル通りたべものはどこからやってくるの?という疑問への答えが、とっても分かりやすくかかれています。
    お米、野菜、果物、砂糖や塩まで。私たちが何気なく日々食べているものは、こんなにもたくさんの工程をふんで、こんなにたくさんの人の手によって作られているんだなぁということを実感。子どもの食育にも良いですが、一緒に見ている私も、そんな風に作られてるんだぁ!と発見がたくさん。日々使っている食材の存在のありがたみが改めて分かりました。

    投稿日:2017/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごく細かくて読みがいがあります! 受賞レビュー

    子供と一緒に読みました。本当に絵も細かくてただ眺めているだけでもワクワクしてしまいそうな感じですごく良かったです。子供が読みやすいようにフリガナもふってあるのも良いなって思いました。

    うちの主人はフランス人なのでこの本の中に出てくる日本では見慣れない食べ物とかも結構子供も知っているものも有って、あ、これパパの好きな野菜だ、とかお肉だ!とか言いながら色々と楽しみながら見てくれました。

    それにこの本は食べ物がどうやって作れているか、そして加工されたりしているかなどがすごく詳しく描かれているので子供にもイメージがとてもしやすいみたいで本当にいい勉強にもなるなって思いました。

    うちの子供は毎日3度の食事にすごく時間がかかっているし食事をするのを嫌がっているような子なので、この本を通じてもっと食に関して楽しみながら食べてくれるようになると良いな、そう思いました。この本を通じて食べ物をスーパーで買うときや食事中にもこの本の中に描かれている食べ物が食卓に出てきたりすると話題に出して子供にもっといろいろな食べ物に興味をもってもらえたら良いな、そう思いました。

    本当に食べるのが嫌いな子供には苦労をしていますが、この本ならきっとそんなうちの子でも興味を持ってあれを食べてみようかなとか思ってくれるようになるかも、そう思っています。

    主人にもこの本を通じて子供と一緒に知っている野菜とか果物とか色々と見て、そして主人にもこれはこうやって作られているんだよとか子供とのコミュニケーションの場として読んでもらえたら良いなと思っています。

    本当に絵もすごく丁寧で可愛らしくて楽しめるし、いろいろな説明もされているので本当に勉強にもなるし、眺めているだけでもとても楽しい1冊なので、食べ物にもっと興味を持ってもらいたいお子さんにはもちろん、お誕生日のプレゼントにしてもすごく喜んでもらえる素敵な1冊だと思います。オススメです。

    投稿日:2017/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豊かな食生活に感謝

    普段、私たちが食べているものがどこからやってくるのか、どうやって作られるのかが、分かりやすく絵本になっています。
    おなべやフライパンたちと、食べものの旅にいざ出発!
    とてもワクワクしながら読めました。

    ページごとに、穀物や果物、野菜といった種類別になっているので分かりやすいです。
    収穫から色々なものに加工されていく様子まで描かれていて、大人が読んでも新しい発見が沢山ありました。
    単に食材だけでなく、砂糖や塩、油といった調味料まであるのに驚きました。塩の作り方なども詳しく書かれていて、すごいですね!

    外国の絵本だけあって、たとえばミルク一つとっても、乳牛・ヒツジ・ヤギだけでなく水牛のミルクまで紹介されていて、世界の様々な食生活を知るきっかけにもなりました。

    私たちの毎日の食卓は、自然界からの豊かな恵みと、それを届けてくれる沢山の人たちの苦労によって作られているのですね。

    イラストも、カラフルで可愛いので、眺めているだけでも楽しくなる絵本です。

    投稿日:2017/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすい!

    畑、工場、農場、海…。
    食品群ごとに、食材が作られるようすが紹介されています。
    まるで、空から眺めているように全体が一望できるので、とてもわかりやすいし、楽しいです!
    あっちではこんなこと、こっちではこんなこと、展示場めぐりをしているみたいです。
    「ふだん食べているもの達は、ここからやってくる!」
    新しい発見がいっぱいで、食べることが楽しくなる一冊です!

    投稿日:2017/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食育に

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子2歳

    いろんな食べ物が、どういうふうに作られていたり、売られていたりするかが詳しくかつ簡潔に記されています。野菜畑から、ミルク工場やら、チョコの作り方やら、お肉の部位の名前やら、盛りだくさんの内容です。情報量はびっくりするほど多いですが、かわいらしい絵と短い文章で示してあるので、子どももとっつきやすいと思います。食べ物が、私たちの口に入るまでに、どれだけたくさんの人がかかわって出来ているのかなど、少しでも感じてもらえたらいいなと思います。

    投稿日:2017/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい情報量です

    表紙や絵のほんわかした雰囲気から想像したよりも、かなり情報量が豊富です。

    穀物から始まって果物や野菜、魚や肉や加工品まで、かなりの食べ物に関しての収穫から加工まで、さまざまな工程も含めて学ぶことができます。

    大人でも「へ〜」と思わず感心してしまう内容でした。

    なんとなく知っていてもはっきりと図説してくれると大人としても助かりますよね。

    コックさんと一緒に食べ物がどこからやってくるのかをリサーチしにでかける猫ちゃんやフライパンたちを見つける遊びもできます!

    投稿日:2017/07/07

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ / はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット