きらい きらい! きらい きらい!
作・絵: 武田 美穂  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
子どもにとって好ききらいは大問題!どうしよう??武田美穂、最新作!

たんじょうび」 ママの声

たんじょうび 作・絵:ハンス・フィッシャー
訳:大塚 勇三
出版社:福音館書店
本体価格:\1,400+税
発行日:1965年10月1日
ISBN:9784834000481
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,388
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • こねこのぴっちが大好きなので

    私も娘もこねこのぴっちが大好きなので、こちらも
    ぜひとも手に入れなければ、と購入しました(ほんとは
    こちらから読むべきなのでしょうけれど)。
    ぴっちの方は小さい絵本で持っているので、そのせい
    なのか名前の呼び方が若干違っていて戸惑いました。
    ねこのマリがこちらではマウリだし、リゼッタおばあちゃんが
    こちらではリゼッテおばあちゃんだし。どうしようかなあと
    思い・・なんとなーく中間の音で聞こえるように読んで
    います(笑)。

    素敵なお誕生日!こんな風にお祝いしてもらえたら
    うれしいだろうなあ。リゼッテおばあちゃん。
    でも、それというのもおばあちゃんが毎日動物達に愛情持って
    一緒に暮らしているからですよね。
    クグロフのケーキは真似して作ろうと思っているものの
    (こがさないように!)、まだ作っていません。
    作ったら「ベロのケーキ」って娘は言ってくれるかしら。

    投稿日:2010/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 表紙が好き

    表紙がとても素敵だったのでこの絵本を選びました。ケーキを運んでいる目がきらきらと輝いているし何しろケーキがとても大きくて美味しそうなところが魅力的でした。それでも色は三色を基本としてとてもシンプルな色の構成でセンスよくまとまっている所も好印象でした。主人公の御婆ちゃんがあまりにも幸せそうでこんなに素晴らしい誕生日を迎えられたらどんなにか幸せだろうと思いました。私の理想の誕生日です。

    投稿日:2008/07/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 動物たちにかこまれて

    • イヨイヨさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    他のブッククラブなんかでもリストに入っていたりして、気になったので読んでみました。
    こちらは、2匹の猫マウリとルリ、犬のベロと動物たちが、リゼッテおばあちゃんのお誕生日をお祝いするお話です。
    おばあちゃんを驚かせようと奮闘する動物たちが見ものです。動物たちの思いついたサプライズは、どんなことだったでしょう
    お話にでてくる人間はおばあちゃんだけですが、たくさんの動物たちと暮らす、幸せに満ちたおばあちゃんが印象的な絵本です。

    投稿日:2019/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストも魅力的!

    森の野原に住むリゼッテおばあちゃんの76歳のお誕生日を猫や犬たちがお祝いしようと奮闘するお話です。
    何とも微笑ましく愛らしい温かさを感じられます。
    私は,ハンスフィッシャーさんのイラストがとても好きなので,こちらの絵本も見応えがあり味わいを感じました!!

    投稿日:2016/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 記憶に残る誕生日

    気になって読んでみました。リゼッテおばあちゃんが飼っている二匹のネコとイヌが、おばあちゃんの誕生日にサプライズパーティをするというお話しです。おばあちゃんのために森の仲間とみんなで力を合わせてパーティの支度をする様子がとても微笑ましいです。ケーキを焦がしてしまって、砂糖をかけて隠せばオッケー!っていうのは、えっ!苦くて食べられないよ〜と思ってしまいました。おばあちゃんが外出から帰ってきて、いよいよパーティは始まります。テーブルには、たくさんのご馳走やら、花やら、ロウソクが置かれています。こんな誕生日会をしてもらったら、楽しい思い出が出来るだろうなぁと思いました。サプライズはこれだけでは終わらず、この後も続くのです。こんな素敵な誕生日を祝ってもらったら、きっと記憶に残る特別な日になったことでしょう。

    投稿日:2016/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • しあわせなおばあちゃん

    おばあちゃんのお誕生日を、飼われている動物達みんなでお祝いしてあげよう!がんばります。
    おばあちゃんは一人暮らしだけれど、こんなにも自分のことを大事に思ってくれる動物に囲まれてとってもしあわせですね
    特に犬のベロが大活躍します。
    ぴっちも最後の最後に登場。
    この絵本の見せ場はなんと言ってもケーキ!

    投稿日:2016/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • サプライズパーティー

    いつも優しいリゼッテおばあちゃんの誕生日です。
    おばあちゃんのために、サプライズパーティーを計画します。
    ケーキだけでなく、お芝居やキャンドルでのイルミネーションなど、本当に素敵なんです。
    ハンス・フィッシャーさんの絵が好きで、他の絵本も持っているくらいだったので、楽しめました。

    投稿日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 隅々まで楽しめる

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の長男に読みました。

    『こねこのピッチ』の前編にあたる絵本です。我が家では両方とも持っていて、併せて楽しんでいます。この絵本では、ピッチがどのようにしておばあちゃんの家に誕生したのかが描かれています。少し長いですが、動物たちの計画はとても楽しく、絵も繊細で隅々まで楽しめます。

    両方の訳語が少し違うのが残念です。

    投稿日:2013/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵本

    この絵本、とっても絵が素敵。絵に魅かれて借りたのですが、お話もとっても良かったです。

    リゼッテおばさんの76歳の誕生日を、リゼッテおばさんの飼っている猫2匹と犬1匹が中心となって(もちろん他にも動物たちはいますよー)、リゼッテおばさんが出かけてるときに誕生日のお祝いの準備をするんです。帰ってきてリゼッテおばさんはビックリ!何だか温かい気持ちになりました。誰かのために一生懸命喜ぶことを考えて、実行するってとっても素敵だなと改めて思いました。

    投稿日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 続けてこねこのぴっちが読みたくなる

    親子で大好きな絵本『こねこのぴっち』の、ぴっちが生まれる前のお話です。リゼッテおばあちゃんの76歳のお誕生日に、ぴっちの親であるマウリとルリたちが、サプライズパーティーを開いてあげるという、とってもすてきなストーリー。動きのあるハンスフィッシャーの挿絵で、お誕生日の準備をするドキドキワクワク感に溢れています。
    リゼッテおばあちゃんが町からの帰り道、くらい森の中、家の窓からの明かりだけが光っているシーンがあるのですが、同じくハンスフィッシャーの描いた『ブレーメンのおんがくたい』の影響か、5歳の娘は、見るなり「どろぼうがいる!ぜったいどろぼうがいるんだよ!」と叫んだのには笑いました。リゼッテおばあちゃんが慌ててドアを開けると、そこには素晴らしいお祝いの支度ができているのです。それはそれは素敵なシーンで、娘と一緒にうっとり眺めてしまいました。
    また最後のページのしかけも素敵。何よりも素敵なおくりもの。そこにぴっちの姿が・・・続けて『こねこのぴっち』も読みたくなってしまいます。

    投稿日:2012/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / おおきなかぶ / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット