オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

もいもい」 ママの声

もいもい 絵:市原 淳
監修:開一夫
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
本体価格:\1,400+税
発行日:2017年07月12日
ISBN:9784799321102
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,628
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な絵本です。

    ●東京大学
    ●赤ちゃんの目がくぎづけ
    本屋さんでこの二つのフレーズが目に入り、気になったので購入しました。

    大人の私には、もいもい むいむい ぽっ
    と言われても「???」で、読み方やリズムはこんな感じ?と、試行錯誤しながら読んでましたが、赤ちゃんはほんとに釘付けになっていて、エッ?なんでなんで?と不思議な気持ちになりました。

    投稿日:2019/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斬新

    「あかちゃんをくぎづけにした絵本」ということで読んでみました。

    普通のまるでもないし、数字の9のような何だか不思議な形。それが変身していくんです。「え?」「これはどうなってる?」と言いながら進めましたが、赤ちゃんは飛びつくのかな?

    斬新でビックリする絵本でした。

    投稿日:2018/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親である大人の私が読みましたが,何だろう〜というのが正直な感想です。
    「もいもい」って何?どういうこと?と(笑)。
    もう色々と心がすれてしまったということでしょうか(笑)。
    「あかちゃん学絵本」ということ。無垢な赤ちゃんには何か感じることがあるのでしょうね!

    投稿日:2018/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃん学絵本なんて!面白い視点

    赤ちゃん学絵本プロジェクト?
    タイトルの「もいもい」という文字もさることながら・・それ以上にこの赤ちゃん学絵本プロジェクトってなに?面白そう!と興味をそそられました。

    研究を重ねて生まれたこのもいもいという何とも微妙なキャラクター。
    でも不思議で何とも言えないのだけれど・・心惹かれる色形。

    実際に赤ちゃんに読んだわけではないのでどれくらい注目させられるのか試してみたいです。

    でも、大人が読んでも、この「もいもい」を読み終えた後、なんだか心がやすらぐというか・・愛着が湧くというか、気になってもう一度見たくなってしまいます。

    一度、赤ちゃんに実際に読んでみたいです。

    投稿日:2018/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • これが‥

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    めいっこにあげるいい絵本を…と思い、全ページ試し読みで読んでみてびっくり。これが…赤ちゃんをひきつける絵本なんですね。
    まが玉のような絵と、もいもいという言葉。これは、実際に赤ちゃんに見せて反応を見ないことにはプレゼントには贈りにくいかも。とても不思議な絵本でした。

    投稿日:2017/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に赤ちゃん大注目!!

    まだ一ヶ月の息子の絵本デビューに購入しました。軽くグズってる時に見せたら、泣き止んでじーっと見てました。あかちゃんラボの研究成果スゴいと思いました。
    内容は赤ちゃんにしか分からない良さですが、一緒に本が読めて嬉しかったです。

    投稿日:2017/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出産祝いのプレゼントに喜ばれました。

    友達の出産祝いにプレゼントしたところ、喜んでもらえました。

    絵本好きの友人のため、定番の絵本だとすでに持っている可能性があるし、
    下手なものは選べないと思っていたところ、発売したばかりのこちらの書籍を発見。

    あかちゃんといっしょに作ったあかちゃんのための絵本 というコンセプトが面白いと思ったのと、絵も中身もシンプルで分かりやすそうだと思ったのが決め手でした。

    実際に読み聞かせてみたところ、「もいもい」「ももーい」といった擬音語(擬態語?)と、はっきりとしたイラストをじーーっと見つめていて印象的でした。

    「もけらもけら」「あおちゃんときいろちゃん」等が好きな人にはおすすめの絵本です。

    投稿日:2017/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「もいもい」という不思議なことばと、ポップでカラフルな色使い、角がないまるっこい形の動きが子どもの興味を惹いているようでした。はじめから終わりまで擬音語で表現されていて、ファーストブックにぴったりだと思いました。

    投稿日:2017/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • フィンランド語のあいさつ

    「あかちゃんが選んだあかちゃんのための絵本」シリーズ。
    東京大学あかちゃんラボによる研究に基づいての作品だそうです。
    こんな時代になったのですね。
    「もいもい」という言葉をお題に作られたそう。
    ちなみに、フィンランド語のあいさつですが、
    先日、『おたのしみじどうはんばいき』でチェックしていただけに、
    嬉しかったです。
    もちろん、音の楽しさがメイン。
    ほら、不思議な造形が、生き生きと感じられませんか?
    勾玉のような、でも、生き物を感じさせる造形が見事です。
    まるで原生生物を見るような、それでいて、ちゃんとコミュニケーションが成立しています!
    色彩も楽しいです。
    乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。

    投稿日:2017/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目がくぎづけは本当でした

    11か月の子に読んだところ、最初からじーっとみていました。
    「あかちゃんが審査員になって選んだ」というだけあって、まさに目がくぎづけ状態!
    他の絵本よりも、興味を持っている様子が伝わってきました。
    2回目からは『もいもい』という言葉に反応して、手をぱちぱちしたり、声をあげたりして、きゃっきゃと喜んでいます♪
    興味をもっているのが伝わってきてうれしいです。

    投稿日:2017/08/18

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / うんちっち / つみき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



林木林さん×ねじめ正一さん対談インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット