虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

だじゃれ世界一周」 みんなの声

だじゃれ世界一周 作:長谷川 義史
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年06月
ISBN:9784652201688
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,770
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 世界の国々の特徴を捉えつつ
    よくぞまあ〜   こんなにも   だじゃれが おもしろく
    ちょっと 苦しいのもありましたが・・・・・

    長谷川さんの絵は おもしろい 二つのページのつながりにも 配慮されてるの    ご苦労様でした!

    ユーモラスで 笑えました

    それぞれの国の民族衣装も 良かったです

    にっぽん ジャポーンは よくばりすぎかな?


    いろんな国に行ってみたいですね〜

    投稿日:2019/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • まだ難しかった

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    『だじゃれ日本一周』を読んで面白かったので
    この本も期待して読みました。
    なんというか、まずはお疲れさまでした。
    と言いたくなりますね。
    ただ、年少、小1にはまだ難しかったのか、
    無言でした。
    世界の国名もよく知らない上に、
    だじゃれというちょっとレベルの高い言葉遊びは
    もう少し大きくなってから再度挑戦したほうがよかったのかもしれません。

    投稿日:2019/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3倍楽しく絵を読みヒントもいいね♪

    だじゃれが、ついに世界一周しました(笑)あんまり、だじゃれがわからない私なのですが、挿絵も隅々まで楽しめる絵本です。世界地図が記載されているので、地図で確かめたりして何度も読みました。「だじゃれ世界一周」を3倍楽しく絵を読む「ヒント」が、よかったです♪

    投稿日:2018/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵本で、わろてんか

     長谷川義史さんはさすが関西人。あのお笑い天国よしもとのDNAが脈々と流れているようで、その作品でもお笑いを描いたものが多い。
     そもそも長谷川さんの絵の力強さは笑いも醸し出していて、その絵だけで笑えてしまうくらいだ。
     長谷川さんの代表作はたくさんあるが、第3回MOE絵本屋さん大賞で3位となった作品が『だじゃれ日本一周』で、この絵本はその続編にあたる。
     日本を飛び出して世界だから、長谷川さんの笑いも地球規模になった。

     この中で紹介されている国は49カ国。それしかだじゃれが浮かばなかったと長谷川さんは書いているが、確かにそれも首を傾げたくなるだじゃれも含まれる。
     日本とちがって、やはり世界は手ごわい?
     では、どんなだじゃれかといえば、まずは日本。
     忍者が海に飛び込んでいる絵に「ジャポーン」。(これはまだよくできています)
     それに対になったページで「からだうくらいな」。(ウクライナのこと。民族衣装を着た男が踊っています)。
     まあだじゃれの方はそんな感じで、ちゃいな(これは中国。チャイナのだじゃれ。長谷川さんは中国のだじゃれは絵にしていません)

     長谷川さんは49カ国で挫折しましたが、せっかくなので世界地図を見ながら、自分で考えてみるのもあるカナダ。

    投稿日:2018/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 渾身のダジャレ

    『だじゃれ日本一周』でも感嘆でしたが、なんと世界バージョン!
    さすがに難しかったそうですが、渾身のダジャレには、やはり拍手!
    しかも見開きで対になっているし、ラストへ向けての収め方、さすがです。
    絵に散りばめられた豆知識、じっくり読むと、実に滋味深いです。
    しかも、見開きで世界地図も添え、付録では、各国の特徴まで添えてあり、
    フォローも万全。
    49か国しかできなかった、と長谷川さんは嘆いておられますが、十分ですよ!
    私的には、ラストのジャマイカがお気に入りです。
    地理の調べ学習にもよさそうです。

    投稿日:2017/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長谷川義史さんのサービス精神がこめられた絵本です。
    地方巡業、日本一周と続けてきた「だじゃれシリーズ」ですが、世界が相手ではかなり苦しさを感じました。
    知ってる国か、大陸別でまとめられれば良かったかも知れません。
    残念なことは、知らない国については子どもうけしないこと。
    でも、その部分を絵がカバーしているのはさすがです。
    おまけですが、いろんな国の挨拶を知ることができて、うれしかったです。

    投稿日:2017/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    だじゃれ日本一周がおもしろかったので、楽しみに読みました。
    見開きのページでかけあいのようにだじゃれがかかれています。一瞬うん?と思うもの、なるほど!と思うもの、ただただ笑ってしまうものなどもりだくさんで、面白かったです!
    また、背景にその国にまつわるものが色々描きこまれているので、すみずみまで、じっくりながめるのも楽しいです。

    投稿日:2017/07/17

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット