ぼくは くまですよ ぼくは くまですよ
作: フランク・タシュリン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
深く、広く考えるって、とっても大切!

おこらせるくんよいと思わない みんなの声

おこらせるくん 作:のぶみ
出版社:KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2017年07月13日
ISBN:9784041058008
評価スコア 3.23
評価ランキング 42,535
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

よいと思わない みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • だれのための絵本?

    ストーリーとしての完成度がとても低く、読後モヤモヤだけが残ります。
    お母さんは子どもの行動や言葉に向かい合わず、自分の都合で子どもの行動一つ一つに腹をたてています。
    その割に、子どもがお弁当を忘れたりパンツをはき忘れたりそでを切ったりに気づかないのは不自然です。
    怒り方もお笑い芸人のようで、子どもに使う言葉として不適切です。

    また、「親を怒らせるために生きている」というのも共感できません。
    子どもが親に怒られるのは、多くの場合好奇心や楽しさの結果にすぎません。
    おこらせるくんも普通の元気な幼稚園生という感じで、シャツをすてきにしたいとか、おもちゃが楽しいとか、彼なりの理由があってのことばかりです。
    ユーモラスな日常を見るだけなら楽しい絵本なのですが、そこから急にお母さんが泣いてわめき、唐突にお涙ちょうだい場面になりびっくりしました。

    そして、お母さんのいう「あなたのために」っていうのは、虐待につながる思考です。
    子どもに伝えるべき言葉ではありませんし、これを聞いて子どもが泣いて感動するとも思えません。

    読み返しながら、この話の主役はだれなのかなあ、と考えました。お母さんでもないし、おこらせるくんでもないですね。

    なんとなく、作者の方がこういう風にお母さんに言われたかった、という作者さん主役のストーリーなのかな、と感じました。

    投稿日:2018/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 品位に欠ける

    これは幼児が対象の絵本ですよね?
    絵本の世界では正しい日本語を使っていただきたいです。
    こんなに下品な言葉を、寝る前の読み聞かせには出来ません。
    母親が息子に「あんた」や「おまえ」と呼ぶのもどうかと思います。
    とても残念な本でした。

    投稿日:2018/10/04

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(3.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット