宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ペンタとぼく」 ママの声

ペンタとぼく 作:長谷川 摂子
絵:アンヴィル奈宝子
出版社:福音館書店
本体価格:\0+税
発行日:2000年
評価スコア 4.08
評価ランキング 22,250
みんなの声 総数 12
「ペンタとぼく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもの一日

    ペンタ、おきろ!
    いきなり、ベッドの上で激しくぴょんぴょん。
    顔を洗って朝がくる。
    いつも一緒に、ペンタと遊んでいる。
    いろいろな音を出している。
    このお話の作者ならではの視点で、子どもの楽しい遊びの一日を表現しています。
    いっぱい触れて、いっぱい感じて、いっぱい考える…
    理想的な子どもの生活だと思います。

    投稿日:2014/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな遊び

    ちょっとしたものでも子供にとっては
    ちょっとした遊びになるんですね。
    炭酸ジュースなんて不思議ですよね。
    ペンタと僕は、本当に兄弟みたいに一緒に過ごして
    何だかいいなと思いました。
    カーテンのぐるぐるが可愛かったです。

    投稿日:2011/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反応するのが難しかった??

    息子の小学校で、読み聞かせボランティアに参加し、一年生に読んであげました。
    「カーテンぐるぐるの世界に行きます」と言ってぼくが隠れてしまったページでは、「足が見えてる〜〜!」「いるじゃん!」と素直な反応を見せてくれた子どもたち。
    反対に、「1000マンメートル向こうに空がある!おっこちたらどうしよう!」のシーンでは、どういう意味なのかが分からなかったようでした。戸惑いの空気が漂ってしまいました。
    我が家の息子たちが保育園の頃に読んであげたときには、
    水たまりに落ちるわけないじゃん!と笑っていた気がしたので、あれ?この子たちには感覚が違うかな?と予想外の反応に、私もびっくりしました。

    最後の、「明日も遊ぼうね、ペンタ」の言葉には、どんな子供たちも気持ちがほっこり、にっこり笑顔になるセリフだと思います。
    そう。
    明日も遊ぼうって約束は、子どもの気持ちをとても上げてくれるんですね。
    私も、言ってあげなくちゃ。
    「明日もあそぼうね」

    投稿日:2011/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなことしそう

    ぼくがポンタとする一つひとつの遊びがいかにも子どもがしそうな動きで、微笑ましかったです。

    見ながら「うんうん こんなことしそう」と思えました。

    絵もとてもかわいいですよね。

    この本の折り込みふろくについていた長谷川摂子さんの「子どもは魔法の杖」というエッセイがよかったです。

    子どもがいるから一緒にできること、たくさんありそうです。

    すべり台からすべることだって、雪だるまを作ることだって大人になったらできないですが、子どもと一緒だから大人になってもできることってあるんだなあと。

    このぼくのように、日常の中で遊べる子ども時代、大切にしたいなあって思いました。

    投稿日:2010/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともが好きなのでこの絵本を選びました。主人公とペンタがとても仲がよいので見ていて癒されました。どんなことでも躊躇せずにペンタに挑戦させている主人公は逞しいと思いました。炭酸水を飲む場面が特に可愛らしくて気に入りました。アンヴィルさんの他の作品も読んでみたくなりました。

    投稿日:2010/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナイスコンビ

    こどものお気に入りの本です。

    毎日の中で割と地味に、あるある!という遊びを
    思い出させてくれて楽しいおはなしです。
    そんな感じなので
    日常ふとしたところでこの本の話題になるのです。
    水たまりとか、炭酸ジュースとか・・・
    この本のおかげで
    娘は朝、顔を自分で洗うのが楽しくなりましたよ!

    投稿日:2007/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ベット犬、ペンタ。

    図書館に行った時、次女が「借りていく」と選んだ絵本です。
    ペンタとぼくの仲良しな一日が描かれていました。
    うちでは、娘が二人とも小学生になったら、犬を飼おうという計画があります。だから今は、ぬいぐるみが娘たちの「ペンタ」。
    犬を飼うことが現実になった時、この絵本のことを思い出すかな。
    子供が動物と仲良しなのは、色んな面でいいことですよね。
    びいびいがみ、懐かしかったあ。

    投稿日:2007/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな息子がいたらな〜

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子11歳、女の子10歳

    思いのほか、楽しめた。

    3歳くらいだろうか?朝から元気
    いつもいっしょの犬のペンタと遊んで、遊んで、遊んで。
    ぐっぐっとか、ぶぉ〜〜びびい〜とか、シュワワーとか
    音がおもしろい。じっさいに遊んでる子供もその音がおもしろくて夢中で遊ぶのだと思う。

    わたしのお気に入りはだいこんあかちゃんのページ
    気になる方はどうぞ見てみてください(^。^)

    投稿日:2006/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいコンビ

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    犬のペンタとぼく。なにをするのもいっしょ。

    紙に口をつけてびびびび〜って震わせてしびれたり、梅干食べて酸っぱい顔になったり。日常生活に関係ないけれど、こういうことあるある!って場面がたくさん描かれていて、面白い。

    ペンタが、ペットという感じが全然しません。「ぼく」にとっての、親友であり、ライバルであり、兄弟であり、なによりもかけがいのない存在なんだろうなぁ。

    投稿日:2006/10/15

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.08)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット