虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…

この本をかくして」 ママの声

この本をかくして 文:マーガレット・ワイルド
絵:フレヤ・ブラックウッド
訳:アーサー・ビナード
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2017年06月21日
ISBN:9784265850563
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,924
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本を読み継ぐということ

    戦争時に図書館が被災するというお話は、いくつかあったと思いますが
    このお話は、被災した図書館から借りていた本が手元に残った。
    その残った本をとりまくお話です。
    その本を木の根元に埋め、時が来て掘り返すとき
    側にいた女の子の「何が出てくるの?」という問いに
    「宝物だ」と説明する主人公。

    「図書館にあれば、きっとだれかがみつけて読むだろう。なにどもよむだろう」というラストのことばも印象的です。

    世代を超えて読み継がれていく本の大事さを痛感しました。

    投稿日:2019/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルが赤いタグに書かれていて印象的でした。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子18歳

    表紙の赤いタグにタイトルが書いてあるの、とても印象的でよかったです。
    どこの国の出来事なのか明確な描き方はされていませんし、後書きみたいなものもありませんでした。
    おそらく多くの国で起こっている紛争の全体像をまとめられた形なのかなぁと、思いました。
    国を出て別の国で生きていかなければならないほどの戦争って、言いたい何なんでしょう。
    国は人々の暮らしををよくするためにあるものではないのでしょうか。
    主人公の「ぼく」が生きるために国を出ていく旅を見ていて、胸が苦しくなりました。

    本って、やっぱり素敵で大切なモノなんだんだと思います。
    最近はスマホでも本が読めますが、私はやはり紙の方が好きです。表紙や質感、見開き、厚みそういったもの全部が好きです。

    投稿日:2019/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙に描かれた木が

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    女性の横顔に見えてしまう私は心が病んでいるでしょうか。このお話の中に出てくる赤い表紙の本には一体何が書いてあったのでしょうか。その謎が解決されぬままお話は終わってしまいました。気になる…誰か教えて…。

    投稿日:2017/07/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット