おてて だあれ? おてて だあれ? おてて だあれ?の試し読みができます!
作: ふくなが じゅんぺい 絵: たかしま てつを  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
おててが どうぶつに大変身! 親子で楽しむ、手あそび絵本。

あっちゃんのはたけなかなかよいと思う みんなの声

あっちゃんのはたけ 作・絵:大西ひろみ
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784893256423
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,981
みんなの声 総数 31
「あっちゃんのはたけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 畑仕事

    あっちゃんは野菜が大嫌い。あっちゃんだけでなく子どもはみんな野菜嫌いなんですが、それでおばあちゃんの畑仕事を手伝うことに。おばあちゃんもお手伝いも好きなんですね。わが子もジャガイモ掘りを手伝ってから、やさいってこんなにしてできるんだーって、食卓で話すようになったので、やっぱり畑仕事を手伝うって一番の勉強だなとおもいました。

    投稿日:2013/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 育てたら、食べたいね

     うちでは、野菜を育てたことがないですが、花はいくつか植えています。花が咲くとうれしいので、野菜が育つもの楽しいだろうなと思います。

     あっちゃんが、自分で土をたがやし、水やりをして育てたきゅうり。毎日、おおきくなっていくきゅうりを見ていたら、食べてくなるはずです。
     おばあちゃんの畑には、いろいろな野菜が並んでいます。食べるだけでなく実際に野菜を育てることも、食育なんだなと思いました。

    投稿日:2012/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食育

    野菜嫌いの克服のために、おばあちゃんが思いついたのは、畑仕事。
    これって、食育そのものですよね。
    野菜の克服は、もちろんですが、注目して欲しいのは、あっちゃんの表情。
    前半では、八の字眉にへの字口ばかりのあっちゃんですが、だんだんと明るい表情が見られるようになりました。
    そして最後の収穫では、笑顔全開ですよね。
    気持ちの面でも、大きな成長を感じます。

    投稿日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもはみんなやりたがり

    図書館から借りてきて置いておいたのですが、娘はすでに
    自分で読んでいました。自分で読んで気に入ったものだと、なんだか
    すごーくうれしそうに「読んで」って持ってくるのです。
    ちなみに娘は野菜大好き。特に生の人参が大好物なので、あっちゃん
    とは違うのですが、食育とかそういうこととは関係なしに、あっちゃん
    に共感を覚えたようなのです。
    最初はいろんなことをやりたくなかったのに、おばあちゃんがやって
    いるのをみるうちにやりたくてうずうずしてきちゃうところ。そこが
    「やりたがり」の娘にはツボだった!

    あっちゃんは、自分できゅうりを育てて、野菜がきらいじゃなくなった
    ようで、よかったよかった。
    なんでもやってみると楽しいもんですよね。

    投稿日:2012/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野菜嫌いな‘あっちゃん‘がおばあちゃんと畑仕事をしながら、だんだん野菜が好きになるというストーリーの絵本。

    最初は嫌々お手伝いをしていたけれど、畑仕事の楽しさを知って、野菜を育てるのがどんどん好きになっていきます。

    おばあちゃんが、一つ一つ丁寧にあっちゃんに畑仕事を教えてあげて、あっちゃんも次第に畑仕事が好きになる。けれど、おばあちゃんにそれを気付かれないように「おばあちゃんが好きだからお手伝いするんだよ!野菜が好きだからじゃないよ!」というやりとりも、とても可愛らしくて、ほのぼのする絵本です。

    生き物を育てる大切さや、お手伝いの楽しさ、食べ物を粗末にしないという事が伝わる絵本だと思います。

    投稿日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの子はきゅーり大好きっこですが

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    夏野菜がいっぱい出てくる絵本です。
    野菜嫌いな孫のあっちゃんのため、おばあちゃんが働きかけます。
    あっちゃんとおばあちゃんのやり取り、も身内を思いやる気持ちのやり取りが見えてよかったです。
    ストーリーの流れも、すごく自然で、どんどん畑のとりこになっていくあっちゃんが可愛かったです。
    それと同時にきゅうり(ほかの畑の植物もですが)の苗が頁をめくるごと、日を追うごとに成長していく姿が、目で追えて面白かったです。

    うちの子はきゅうり大好きっ子で、洗ったまま生でバリバリやっちゃうタイプですが、この絵本はやはり、あっちゃんみたいな野菜嫌いなお子さんに読んであげたいですね。

    投稿日:2011/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 育てる楽しさ。

    この本は今8歳の息子が5歳の時に母が買ってくれたものです。
    あっちゃんは、初めは畑にまったく興味がなかったのに、
    だんだん夢中になって…
    私が感心したのはおばあちゃんのあっちゃんへの対応の仕方です。
    強引に連れ出すでもなく、強要するでもなく…
    そのおかげで、あっちゃんはとても自然に畑仕事をすることができました。
    雨の日に畑が心配で飛び出すあっちゃんなんて感動ものでした。
    これからの季節にお勧めの一冊です。

    投稿日:2011/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • お婆ちゃん

    表紙のおばあちゃんの豪快な笑顔が気に入ったのでこの絵本を選びました。主人公は素晴らしいおばあちゃんの孫で幸せ者だと思いました。野菜は自分で育てることで嫌いなものも好きに変えられる事を教えてくれる絵本でした。私もおばあちゃんのように野菜を育ててみたくなりました。

    投稿日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさい、育ててみると…♡

    うちの子は野菜が嫌いで、緑色を見るだけで口に運ぼうとはしませんでした。 この本に出てくるあっちゃんと同じでキュウリは勿論、食べることが出来ません。
    あっちゃんが自分と重なったらしく何度も読んでほしいとせがまれ、ちょっとずつ食べるようになりました。 絵の方もほのぼのしててとても可愛らしいです。
    野菜嫌いのお子さんがいる家庭には必ず読んで欲しい一冊です。

    投稿日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野菜嫌いを治す方法?

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    教室での読み聞かせに、2年生の女の子からのリクエストがあり、選んだ一冊です。

    折しも、授業できゅうりを育てていたので、お話の中で育っていくきゅうりや、野菜嫌いだったあっちゃんの様子の変化など、自分たちに重ねていたのかもしれませんね。

    「自分で作ってみると 美味しく感じる」

    野菜嫌いを直すのに、とてもよい方法かもしれません。

    優しいおばあちゃんと、ちょっぴり強情なあっちゃんのやり取りも、ほのぼのしていて とても温かい絵本です。

    投稿日:2008/08/04

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


『焼けあとのちかい』<br>半藤一利さん 塚本やすしさんインタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット