INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

さむがりやのサンタ」 パパの声

さむがりやのサンタ 作・絵:レイモンド・ブリッグズ
訳:すがはら ひろくに
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:1974年10月
ISBN:9784834004366
評価スコア 4.36
評価ランキング 12,526
みんなの声 総数 102
「さむがりやのサンタ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 4歳の息子のお気に入り

    小学生の時に買ってもらった絵本に出会えました。

    でも長い時間を経て読み返すと、持っていたイメージど随分違っていたのに驚きました。

    例えば、サンタがブツブツ独りごちたり、寒くてももひき履いたり、家に鍵をかけたりと、とても人間くさいんだけれども、いざソリに乗って空に飛び上がるとやっぱり本当のサンタなんだと再確認するんです。

    郵便屋さんと声交わしちゃっていいの?大丈夫なの?、その家はまだ人が起きてるから気をつけてっ!なんて思った時にはもう絵本の世界に入り込んでしまっているんですね。

    プレゼントを配る合間に夜食を摂る場面の、穏やかに流れる時間はなんとも言えず良いです。

    配り終えての帰り道、お日さまが出てくる頃にはソリの上で居眠りしちゃったり、やっとこさ帰り着いて、入った風呂がとても気持ち良さそうで、「お疲れ様っ!」って声掛けたくなっちゃいます。

    1974年の作品というのに全く古さを感じさせない(どころか新刊でも納得してしまいそうな)作品です。
    漫画のように小間割りしているのに絵やセリフが飛び出している斬新な作りも良いですが、なにより最後のサンタの一言がドキッとしますがとても好きです。
    こちらから覗き見ていたはずなのに、実はサンタはわかっていたんだねってオチがとても良いです。

    この絵本は今、4歳の息子のお気に入り絵本棚に並んでいます。

    投稿日:2008/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我家に限っては絶品の一冊

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1974初版で、104万部を記録しているミリオンセラー。
    レイモンド・ブリッグスは、スノーマンでも有名です。
    スノーマンは、優しく淡いタッチだったのに、この作品は全く別物だったので驚きました。

    内容は、12月24日から25日にかけてのサンタの行動をこまわりで描いたもの。
    文章ではなく、こまわりに会話を吹き出しで表現しているので、漫画に近い手法です。

    その人間味あふれる行動・会話は、細かいところまで良く描けていて、何度読んでも引き込まれてしまいました。
    小学校1年の次男は、既にサンタクロースの存在を全く信じていないのですが、このユーモア溢れる作品を十分楽しめたようです。

    ただ、我家のようにサンタを捉えているのであれば良いのですが、サンタに夢を持っているお子さんには、もしかしたらオススメ出来ないかも知れません。
    高い評価の絵本なのですが、サンタへの夢を壊す可能性もありますので。
    一度、親が読んでみてから、読み聞かせしたほうが賢明と言えると思います。

    我家に限っては絶品の一冊です。

    投稿日:2007/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の夢を育んでくれる

    「スノーマン」が我が家ではうけたので、同じ作者ということで期待して購入し、クリスマス前に4歳の娘と一緒に読みました。
    文句を言いながらも仕事をすすめる、サンタさんの姿は面白く、単純に楽しめます。
    「さむがりやのサンタ」やエリック・カールの「ゆめのゆき」を読むことにより、娘の中ではサンタが存在し、プレゼント配りをしてくれる人が存在するという認識を持ったようです。
    子供の夢を育んでくれた作品です。

    投稿日:2006/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • マンガのようです

    • ジョバンニさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    12月24日から25日にかけてのサンタクロースの行動を、1ページ最大12コマのカットで描かれた漫画のような絵本です。
    登場するサンタクロースは、普通の家に住んでいる一人暮らしのおじいさん。目覚まし時計で目覚め、顔を洗って、着替えをして、………。その間に書かれている言葉は殆どが文句!でも、本当のサンタクロースはこんな感じかな?なんだかとっても人間味のあふれるキャラクターに苦笑してしまいます。(寝る前に入れ歯の手入れをしています)
    読んであげるなら4才からとなっていますが、文字よりも絵を読む(感じる)絵本ですので、ひらがなやカタカナが読めるようになった子供が自分で読んだ方がよいと思います。読み聞かせるなら、絵だけの箇所は指で追いながらオリジナルの解説を付けることが必要でしょう。
    残念なのはFATHER CHRISTMASを”さむがりやのサンタ”と訳したところ。題名から本書の内容は読み取れません。

    投稿日:2003/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタが寒がりだなんて

    このサンタ氏は、実に人間くさいのです。あー寒い、寒い、とブツブツいいつつプレゼントを配り、入った家に、たまにウイスキーがあったリすると、おっ、気がきいてるよ、と泥棒みたいな、サンタです。サンタが、寒がりやであるという設定がいいですね。
     イギリスっぽさがたっぷりの読んで得する本だと思いますよ。

    投稿日:2002/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット