はずかしがりやの しろうさちゃん はずかしがりやの しろうさちゃん  はずかしがりやの しろうさちゃん の試し読みができます!
作・絵: 田島かおり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
海辺の村のおばあちゃんの家ですごす夏休みのお話。はずかしがりやのこどもの気持ちを、丁寧な絵で描いた絵本。

じごくにいったかんねどん」 みんなの声

じごくにいったかんねどん 文:常光 徹
絵:かつらこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年07月10日
ISBN:9784494014613
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,985
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 唐津くんちの秋祭り  ふぐの毒にアあたつて しんでしまった かんねどん 

    祭りのはっぴを着せてもらって 地獄へ  
    ここでも ようきな かんねどん   
    地獄の怖さを目の当たりにして    やっぱり 極楽へいきたいと思うのですが・・・・・・

    これを決めるのは 閻魔大王

    ようきな かんねどんは 「地獄のおみやげに おどりたい」と申し出て   
    閻魔大王も 大笑いで 「ゆかいじゃ!」
    ここからのお話の展開が おもしろい 
     閻魔大王も 裸で踊り 
    かんねどんは 閻魔大王の服を着て 閻魔大王になりすますなんて なんと 大胆で とんちの効いたこと
     
    それにしても  かんねどんの踊ってる姿が ようきで 笑えます

    「えんまさま ありがとう。 かんねより 」こんな優しく素直な心の持ち主ですね

    かんねどんは 極楽にいけたかな??

    投稿日:2018/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルに惹かれて図書館から借りてきました。かんねどんは、とんちものでほらふきで、けちですが、度胸があるなあと感心しました。唐津のくんち祭りに行ったことがないのでいきたくなりました。ご馳走を食べ歩いて、けちでも上手く世渡りをしているなあと思いました。ふぐの毒にあたってぽっくり死んだかんねどんは、貧乏暮らしで財布はすっからかんで、あの世に着ていくものがなくてくんちの祭りの法被を着て、弔いをしてもらったのがなんとも気の毒にも思いましたが、弔ってもらってよかったなあと思いました。エンマさまを裸踊りに巻き込んでちゃっかり極楽で賑やかに暮らすかんねどんの頭のよさと度胸に、法被を着せてもらってよかったねと思いました。

    投稿日:2018/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 唐津のお調子者のかんねどんの痛快なお笑いです。
    ほら吹きで人を騙してはいるものの、かんねどんは人々から愛される存在のようです。
    そんなかんねどんだから、エンマ大王も気を許してしまうのでしょう。
    かんねどんの躍りにつられてはだか踊りをするエンマ大王の姿は痛快です。
    かんねどんの話には、他にもいろいろあるそうなので、探してみたいと思います。

    投稿日:2018/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット