宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ちがうちがう」 ママの声

ちがうちがう 作:accototo ふくだとしお+あきこ
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年09月25日
ISBN:9784477031040
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,348
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おばけ

    小さい頃、眠れなくて、小さな音も気になって気になって仕方がなかったことを思い出しました。
    主人公も、音を聞きながた、「おばけ」かもと思いながら、冷静に考えてちがうちがうこの音はと答えを出します。
    途中、眠ったのか、不思議なシーンもありますが、小さい頃の、夜眠れなかった時のことを思い出した絵本でした。

    投稿日:2019/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みながらドキドキ

    9歳次女と読みました。
    夜寝ようとした男の子。男の子にとって、外から聞こえてくる音はとても怖くて。おばけじゃないか?と思ったり。

    次女は大男のような影にビクビクしていました。私もこれどうなるの?なんだ?と思いながら読みました。

    最後はほーっとしました。

    投稿日:2019/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわーーい

    • らずもねさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、男の子9歳

    夜の音、想像が広がって
    ぐんぐんといろんな世界に引き込まれていくの
    わかります。小さいころのお布団の中でわくわくしながら
    そしてドキドキしながら想像していました。
    最近子供も夜がこわくなってきたみたいで一緒に読みました。
    わかるわかるっと気持ちかな?

    投稿日:2019/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力がかきたてられます

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    夜、自分の部屋でひとり、電気を消してお布団に入って、眠りにつくまでの間、主人公は外から聞こえてくる音を聞いて、いろんな想像を膨らまします。後半は夢うつつだったのかな。本当だったら恐ろしいような想像が描かれていました。ラストはほっと安心できます。
    暗くして眠るまでの間、外からいろんな音が聞こえてくるんですよね。もっと想像力が豊かだったときの子どものころの夜を思い出しました。

    投稿日:2018/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっとしました。

    夜、男の子が一人で寝ているときに聞こえてくる音が、昼間に聞こえる音とはどこか違って聞こえて、大きなお化けや怪物がいるのではないかと想像し、ドキドキしてくる感じがうまく表現されています。不安になりながらも、ラストはほっとさせられるお話でした。

    投稿日:2017/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキが楽しめます

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    「おとうさん!」最後の、緊張から解き放たれるところが最高ですね。そこまで怖がりじゃない年長の息子も、すごくドキドキしたみたいで、「ぼくもちょっとだけ怖かったな。」と強がりを言っていました。雰囲気を出して読んであげると、文は短いのにとても楽しめました。

    投稿日:2017/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一読すると
    1人で寝床に入った子どもの耳に入ってくる音を
    お化けじゃないよ。大丈夫だよ。
    と、教えてくれるお話のようです。
    小さな子どもさんに読んであげたら
    そういう絵本なんだと思います。
    が、大人が読んだら
    それとは違う感想が出てくるかもしれません。
    私は、読みながら
    小さかった時に友達とした遊びを思い出しました。
    とんとんとん、何の音?
    風の音。
    あーよかった。
    のあれです。
    この遊びの結末を思い出すと
    絵本の最後のページでちょっと怖くなりました。
    お父さんの言葉も意味深に感じます。
    ホラー映画のラストの様な余韻が残りました。

    考えすぎでしょうか 笑。

    投稿日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやすみ絵本にもぴったり

    子どもの時に一度は体験したことのある気持ちがこの絵本の中に書かれています。

    おばけなんているはずないとわかっているのに、夜静かにお布団に入ったら、なんだかいつもより大きく聞こえる時計の針の音や、昼間は気にならなかった犬や猫や人の喋り声・・

    おばけかも?なんて考えて一人で眠れなくなってしまうことって私にも経験があります。

    おばけは見たくないんだけど、なんだかちょっと怖いもの見たさのところもあって。
    そんな揺れる気持ちに共感が持てました。

    そして、最後は安心。ホッと恐怖感が解放されます。

    子どもにとって、怖いけどちょっと見たいという気持ちは抱いていると思います。そんな好奇心がかきたてられる絵本だと思います。

    投稿日:2017/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • もしかして…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    夜の世界を描いた絵本かなー?
    物音がしたりすると、ちょっとこわい想像になってしまったり、わかるなーと思いながら読みました。
    もしかして…と考えるのも案外楽しかったりして?
    けっこう共感できる子が多い絵本なのではないでしょうか。

    投稿日:2017/10/10

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ノンタンはみがきはーみー / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / Chocolat Book(5) ショコラちゃんのレストラン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット