もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

なぞなぞアンデルセンあまりおすすめしない みんなの声

なぞなぞアンデルセン なぞなぞ:石津 ちひろ
絵:南塚 直子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2017年09月19日
ISBN:9784033324302
評価スコア 3
評価ランキング 44,271
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

あまりおすすめしない みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっとやり過ぎでは

    アンデルセンの物語から出されたなぞなぞですが、物語を知らなくても答えが解るという仕組みは、アンデルセンに失礼ではないかと思いました。
    よく知っている物語については読書チェック、読んでいない物語については読むきっかけになれば良いのですが、親切すぎて単に解りやすいなぞなぞ遊びに終わっているように思います。
    申し訳ありませんが、絵についてもアンデルセンのエキスが抜けてしまっているように感じました。

    投稿日:2017/11/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 疑問がふつふつと・・・

    アンデルセンのおやゆび姫、みにくいアヒルの子、人魚姫、裸の王様、小さいイーダちゃんの花、雪の女王など、10の物語にそったなぞなぞの文章と絵が描かれています。
    文章から答えを考えたり、絵の中に答えをみつけたりしながら読み進めていきます。

    (残念ながら)★を2つ「あまりおすすめしない」にしたのは、絵本の楽しさやなぞときのわくわく感が感じられなかったことと、子どもがこの絵本を読むタイミングが難しいと思ったことから。

    【アンデルセンの10話を未読の時点でこの絵本を読むと?】
    →「ネタバレ」していいの?! と疑問がわいてきました。
    特に、おやゆび姫が王子さまに出会う、みにくいアヒルの子が実は白鳥だったときづく… これはルール違反では。
    将来元の物語を読むときに、アンデルセンの深い深い物語の森に分け入ることができなくなってしまいます。
    せめて物語の冒頭部分だけをなぞなぞにしてくれればよかった。
    10話未読の子どもに見せてはいけない。図書館の「子どものコーナー」に置いてはいけない。そんな絵本だと思いました。

    【10話すべて読んでからこの絵本を読むと?】
    →なぞなぞ(クイズ)が簡単すぎる。かと思えば、物語を読まなければ正解が得られない問題もある。記憶力の試験をされているみたい。

    絵は素敵です。

    「アンデルセン大好き!」という子どもや大人や親子が、絵本を手にとって、ページを手繰って、物語の思い出の旅に出て、アンデルセンワールドにひたったり会話したり癒されたり、というような利用のしかたがふさわしいかもしれません。

    ちなみに、著者石津ちひろさんの『なぞなぞのみせ』は好きな絵本です。
    「なぞなぞ」というより幼児向けクイズといった風情の問題が多いですが。
    糸井重里訳『ミッケ!』のようにわくわくしながらページをめくって楽しんでいます。

    投稿日:2017/11/21

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / とりがいるよ / なつみはなんにでもなれる

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット