話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

いえのおばけずかん ざしきわらし自信を持っておすすめしたい みんなの声

いえのおばけずかん ざしきわらし 作:斉藤 洋
絵:宮本 えつよし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2017年07月12日
ISBN:9784061996182
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,627
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ロゼッタには要注意

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    小1の息子のお気に入りのシリーズです。学校の朝の読書タイムだけでは足りず、図書館でもどっさり予約して借りて読んでいます。
    どのおばけも個性的でユーモアに富んでいます。ポケモンとか妖怪ウォッチみたいに、キャラクターとしてみても面白いです。
    この本の中で私が気になったのは、クローゼットのロゼッタです。男の子を「なかでたのしいことしましょうね。ごちそうもあるのよ。」と言ってクローゼットの中に誘います。甘い言葉に誘われて、絶対ついていっちゃいけないですね。これは大人になっても忘れちゃいけない。
    げたばこむしも気になります。くつはきれいにしておかなくちゃですね。私も楽しんであっという間に読んでしまいました。

    投稿日:2019/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアたっぷり!

    小学2年生の娘が,こちらのシリーズの中の1冊を小学校の図書室で借りて読んで以来,すっかり気に入り大好きなようです。
    小学校でも人気があるシリーズのようで「なかなか借りれない」とぼやいていました。
    もう何巻も出ているということもあり,人気があるのでしょうね!
    怖いおばけ本ではなく,ユーモアたっぷりで楽しいシリーズのようです。

    投稿日:2018/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • いそうなおばけばかり

    この本は家の中にいるおばけを紹介してあるお話だったのですが、家のおばけだけあって自分の家にもいそうな気がしてきて、この本を読んだ後から家の中を歩くときはきょろきょろしていました。特に怖かったのが、「クローゼットのロゼッタ」というおばけで、イケメンをたべてしまうというものでした。

    投稿日:2017/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット