宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

だいぶつさまのうんどうかい」 その他の方の声

だいぶつさまのうんどうかい 文:苅田 澄子
絵:中川 学
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2017年08月25日
ISBN:9784752008033
評価スコア 4.76
評価ランキング 681
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 迫力満点

    小学校の朝の読み聞かせで二学期に使いました。
    子どもたちに仏さまの区別が理解出来るか?などの心配は、大歓声に払拭されました。
    運動会直後ということもあり、「大きいから絶対勝つよ」「なんで食べられないの?」「1000年?」「仁王さん強ーい」など、ページをめくるたびに声を上げて反応してくれて、とても読み聞かせがいがありました。
    頭にチョコンと乗った紅白帽や、組み体操のメンバーの配置や、「おしりやー!」と絵の細かい部分に気づく子どもたちのするどさには、毎回ビックリさせられます。
    複数の学校で読み聞かせをして、私自身も子どもたちの多種多様な反応を楽しませていただいた作品でした。

    投稿日:2017/10/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 須弥山の上に、特設会場が設けられ、今日は仏さん達の大運動会だ。どのくらいの頻度で行われるのか、協賛や開催の理由など、面倒くさいことは一切不明。まず、表紙からして反則。面白過ぎ!

    他の仏さんはみんな標準的・仏像サイズなのに、大仏様だけ大仏サイズ。いいのか?饅頭食い競争に狛犬が参加している。いいのか?(仏様ではなく、眷属ですが) たま入れに千手観音…いいのか?
    そんな調子で、人間の尺度で見ていると反則・ツッコミどころ満載の、壮大なホラ話。さすが苅田先生。この大技のなかに、粋な小技が効いている。天界の話なのに、ありがたみと大阪のおばちゃん適なしつこさ&馴れ馴れしさが同居している不思議な世界観を表現した中川先生にも脱帽。

    その辺の小学校や町内会の運動会を、そっくりそのまま仏さんたちがやるという発想が楽しい。袈裟の上からダサいジャージを着ている仏様が愛おしい。どのページも笑いどころ満載で、例え愛しい人が亡くなった直後でも明るい気持ちになれそう。あの世でも楽しい行事が待っていると思うと、早くお浄土に行きたいと思う仏教☆ファン倶楽部の皆さんもきっとあるのでは?

    組体操でもめる、というのがちょっと痛い。仏様なのに、悟りがイマイチだったのか。もっと執着を捨てて、利他の気持ちで働いて欲しい。しかし、その辺がもし完璧に悟ってしまったら、この運動会自体が消滅…

    やっぱり仏様と言えども、悟りきらないほうが楽しいことが多いのかしら。凡夫の私にはわかりませんが、この絵本が面白いことはよくわかりました。

    投稿日:2019/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユニークで楽しいお話

    仏様たちが運動会をするという
    ユニークなお話しです。

    大人から見れば
    そんなことはあり得ないけど
    子供たちは興味津々でした。

    闘志メラメラ登場したり
    沢山の手で玉入れしたり
    筋肉ムキムキ体操したり
    1000年ぶりの運動で体が痛くて
    動けなくなったり
    最後は
    大仏様の包容力で問題解決
    仏様ならではの出来事が
    どこか高貴な様子を漂わせながらも
    楽しいお話です。

    投稿日:2019/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰にでも長所はある

    運動が苦手な子供にとって、運動会は憂鬱なものになりがちです。
    走るのが遅くても、玉入れが苦手でも、だいぶつさまのように他の何かでみんなの役に立つことができたりもします。
    誰にでもひとつくらいは長所があると思います。
    子供たちにも、お友達のいいところを見つけて欲しいし、自分自身の良いところにも気付いて欲しいと思います。
    付録には、この本にでてくる仏さまたちの説明が丁寧に書かれていて、楽しく学ぶことができると思います。

    投稿日:2017/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 運動会が楽しみになるよ! 受賞レビュー

    もう、とにかく楽しい!
    子どものころ、運動会が大嫌いだった私。運動会の練習が始まるころから、毎日憂鬱な気分だったなー。もし子供のころに、こんな絵本に出会っていたら、運動会も楽しみになっていたかもしれません。
    失敗続きのだいぶつさまが、最後に大役を果たして気持ちよかったです!
    それから、みんながとっても温かい。失敗しても、誰もだいぶつさまを責めたりしないで楽しんで。そして、最後の一言。だいぶつさまのおかげで楽しい運動会になりましたって。いいなー。こんな運動会なら、誰も運動嫌いにならないだろうな。
    1000年ぶりのだいぶつさまには負けるけど、運動不足の私も、久しぶりに体を動かしてみようかな。筋肉痛のだいぶつさまも、ウィンクしてくれそうな気が・・・。
    運動嫌いな子どもたちが、この絵本に出会って、運動会を楽しみに頑張ってくれるといいな・・・と願いを込めて、運動会のシーズンになったら、子どもたちに読み聞かせしたいと思います!

    投稿日:2017/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先日奈良の正倉院展を見に行きました  
    たくさんの人に驚きましたが    奈良は東大寺の大仏様を拝みにたくさんの小学生にも出会いました

    いろんな仏像の展覧会にも行きました

    この絵本に出てくる 仏様たちを見てきました
    仏様たちの運動会とは 面白いなあ〜 大仏さんが大きすぎて 玉入れも 障害走もなかなか うまくいきません 大仏様は悲しそう でも  大仏様が生かされてラストは めでたしめでたし よかった!
      
    子供たちだけでなく 大人にもありがたい仏様たちです
    楽しい運動会できて満足ですね

    投稿日:2017/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親しみが

    仏さまたちの運動会なんて、もちろん想像したことすらありません。一体、どんなお話かと思いよみはじめると…、おもしろいです!
    それぞれの仏さまらしさをふまえたキャラクターに思わずくすっ。仏さまに親しみがわきます。
    そして、なかでもだいぶつさまが一番チャーミングでした。

    投稿日:2017/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神さま仏さま大集合

    なんと!神さま仏さまが運動会をするお話です。

    罰当たりな…と思いきや、皆さまとても楽しそう!
    なかでも、奈良の大仏さまは、その大きさゆえに、競技に参加するのも一苦労ですが、人(神?仏?)一倍、楽しんでます。

    話も絵もクリアです。
    奈良や京都の観光の前に読んだら、また違った仏像の楽しみ方ができそうです。

    投稿日:2017/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • きゃはは〜たのしい!

    すっごく面白くて笑っちゃいました。

    大仏さまや阿弥陀如来や弥勒菩薩など、さまざまな仏像たちが運動会をしに集まってくるのですが、なにせ、大仏さまはずっと動いていなかったせいで、準備体操もままならず、どの競技でも足を引っ張ってばっかり(苦笑)
    とてもお茶目です。大きいということは、みんなのサイズに合わせた競技だとハンデになっちゃうんですね〜

    でも、最後はやっぱりデーンと大きな大仏さまにしかできないことで貢献できて、運動会を楽しんだようす。

    お風呂にも入って1000年ぶりにリフレッシュできたようで、なによりでした。

    いろいろな種類の仏像の名前や特徴も覚えられるし、コミカルなストーリー展開がとても楽しいです。

    子どもたちも遠足や修学旅行で仏像を見るまえに、ちょっとしたお勉強になるかもしれません。

    投稿日:2017/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット